Michael Raj (マイケル・ラージ)

 
Michael Raj / Michael Raaj
マイケル・ラージ
公開日)1987 言語)Tamil
監督) Gughanathan 音楽) Chandrabose
DVD) DVD:なし VCD:なし VHS:Columbia Films(マレーシア)等で入手可能
主役) Raghuvaranラグヴァラン:マイケル・ラージ),
悪役)   コメディアン) Senthil,
共演) Baby Shalini, Srathbabu, Vijayakumar, Charlie, Madhuai, K.Rajan, Palyilvan, Chinni Jayanth, Jaiganesh, Krishna Rao, Master Biju, Sathyajith, Siva Raman, M.N.Raja, Sumithra, Viji Livingston,
Story)   Dialogue) Gughanathan 脚本) Gughanathan
振付) Suresh アクション監督) Jaguer Thangam 制作 / 提供) D.Ramanaidu / Suresh Prons
その他スタッフ) 美術:Pushparaj, 編集:Annadurai, 撮影:Dharma, スタジオ:AVM,

挿入歌)
♪ Thenamadhura Thooppukkula [04:24] Malaysia Vasudevan
♪ Jothi Lingam Jothi [04:35]
♪ Entha Malligai Poovukku [04:56]
♪ Desathai Paarkkayile [04:38]
♪ Ennaikku Nadandha [03:51]
♪ Nitham Nitham [05:19]
♪ Mickal Raj [03:14]
♪ Theme Music [03:37]

見所)
●なんといっても、ラグが主役♪
●ラグヴァランのたどたどしいながらの、一生懸命なダンス!
●子役時代のシャーリニの美少女ぶり。
●サラットバーブたちが細い!
●センディルが片想いの女性と妄想の中で歌い踊るシーン。(とてもかわいい)

あらすじ)
 マイケル・ラージ(ラグヴァラン)は、チンピラもどきで、報酬を得るためなら、人に暴力を奮うこともいとわない。
 でも、そんなマイケルを頼りにしてきた少女(ベビー・シャーリニ〜現アジット・クマール夫人のシャーリニ)がいた。彼女との交流で、温かい感情をとりもどしかけるマイケルだが、彼には今でも恨みを捨てられらないほどの、家族との哀しい過去があった。
 比較的裕福な家庭で育ったマイケルだが、母親が父親の裏切りのために、自分の目の前でレイプされ、その後家庭は崩壊し、家庭の温かさとは無縁、孤独に成長してきたのだった。
 そんなマイケルに想いをよせる女性も現れ、優しい表情も見せはじめるマイケルだったが、過去に自分を裏切った人間に、復讐したい思いを抑えきれずに...。

制作Note)
●ラグヴァランが、「いい映画だった」と回想する作品。(2003年:談)

コメント)
※現在、画質の悪いPALビデオでしか出回っていないので、話の内容もよくわからないこともあり、とりあえず「マニア向け」と評しておきます。が、当時見たという人の話等を聞くと、いい映画らしいです。

 ラグヴァランの主演作品にして、彼が全ての曲で踊ってる(恐らくは)唯一の映画。
 いつも悪役で倒されてばかりのラグ様が、この映画では、憂いを帯びたヒーローで、敵を倒しまくり。(あまり強そうには見えないのが玉にキズ。)
 本人いわく、苦手だというダンスも、それはそれは一生懸命踊ってる。女性に迫られて、タジタジになるところも激レアであります!
 映画の中で、ずっとルンギ?をまくりあげた格好で歩いてますが、その足の細くてセクシーなこと♪
 画質の悪いビデオで、これだけ興奮できるとは思いもよりませんでした(笑)。
 ラグ様ファン以外が観てどれだけおもしろいのかは、正直なところ分かりませんけど、若き日のラグヴァランの勢いが存分に味わえる娯楽作品。終わり方も、ラグらしく?なんだかシブいです。

 また、子役時代のシャーリニが、こんなに美人だったとは!という感じで、シャーリニ・ファンも必見。
 センディルが、想いを寄せる女性と妄想の中で踊るミュージカルも、とても楽しい♪(この女性は、ラグに憧れているんですけどね)
 他にも、この映画に出てくる、今も現役バリバリの俳優さん(ラグ、センディル、サラットバーブ、チャーリー、ヴィジャイヤクマールなど)が、この頃はこんなに細かったのかあ〜、と感心したり、視点を変えれば何かと楽しめる作品です。

 VCD、DVD化を熱烈希望!!!

ラグの役★
幼い時に心に傷を負い、グレてチンピラもどきになった青年。

(2003年4月、PALビデオで鑑賞。2003.4.22記)

★マニア向け