タグ「主役級」が付けられているもの

Arjun (アルジュン)

アルジュンஅர்ஜுன் / Arjun (アルジュン) :俳優・監督。 
主な作品:【Gentleman】【Mudhalvan】【Rhythm】【Sri. Manjunatha】
★タミルの「アクション・キング」。正義感溢れる演技が印象的。

Rajnikanth (ラジニカーント)

ரஜினிகாந்த்
/ Rajnikanth (ラジニカーント):俳優。 ※Rajniは、「Rajini」「Rajani」といった表記もあり。
主な作品:【Muthu】(ムトゥ 踊るマハラジャ・1995年)、【Baasha】(バーシャ!踊る夕日のビッグボス・1995年)、【Arunachalam】(アルナーチャラム 踊るスーパースター・1997年)、【Padayappa】(パダヤッパ・1999年)、【Enthiran the Robot】(ロボット・2010年)
★云わずと知れた、南インドのSuper Star(すーっぱる・すたる)!

Vijay (ヴィジャイ)

Vijay (ヴィジャイ)
主な作品:【Kushi】(2000) 【Thirumalai】(2003), 【Gilli】(2004), 【Pokkiri】(2007),【Nanban】【Thuppaki】(2012),【Jilla】【Kaththi】(2014)

★南インド・タミル映画界の”「スター映画」が似合うスター”系譜において、MGR、ラジニカーントに続く次の世代のスター俳優として筆頭候補。
日本で「スター映画」のスターといえば、石原裕次郎あたりが思い浮かんできますが、ヴィジャイもそういう系、といえばイメージしやすいですかね☆

写真や静止画の類いでは、どこがかっこいいのか日本人的には分かりにくいけれども、ひとたび動けば、演技派うんぬんといったゴタクを超越するスター性。
ダンス! アクション! 足の長さを活かしたバイクの乗りこなし! 童顔な笑顔! 無責任男のような飄々とした軽々しさ! 目ヂカラ! 胸毛!(爆)
日本では、まだ一本も日本語字幕がついた形でのヴィジャイ映画の公式紹介がされていません(indoeiga.comさんが【Thuppaki】【Kaththi】を英語字幕で2本自主上映したのみ)が、そのうち紹介されるだろうと確信しています(笑)。