タグ「ルチ」が付けられているもの

ルチ (板橋・ベンガル料理)

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ (8月18日)

久しぶりに、大好きな大好きなお店・ルチに行ってきました!
(エントリーは少ないけど、ベンガル料理アーカイブみていただければ、私のルチ・マイケルさんLOVEぶりは感じていただけるか、と...)

ちょっと長期の里帰りをしていたシェフのマイケルさんが昨年暮にバングラデシュで急逝され、自分なりにかなりショックで、だいぶご無沙汰だったんですが...

お店の入っている建物が取り壊しすることになり、8月28日でルチがあの場所での営業を終了するそうです。(ルチ・バーとして、板橋区大山へ移転。)オープンして8年。
今の場所のルチに行けるのはもしかして最後、かな?

お店に着くと、マイケルさんはいないけど、よくお客を残して外出してた(笑)マイケルさんが、いまにも帰ってきそうな気がして。
そんなことを話してたら、ご一緒したみなさんが同意してくれました。
(それだけマイケルさんが、やってきたお客さんがこれ食べたい!っていうと、じゃあ材料買ってきます!とよく外に飛び出してた、ということで...)

SANY0367

マイケルさんが、ルチが大好きな人たち6人で、マイケルさんエピソードを語りまくりでした。

マイケルさん、最初やる気があんまりなかったとか。
でも、彼のベンガル(バングラデシュ)料理のポテンシャルに気付いた常連客たちが、ほめたり激励したりするうちに、他のお店では食べられっこない、スーパーな、マイケル・スペシャルな料理が出てくるようになって。

昔の日記にも書きましたが、マイケルさんが、私たちが入店してから「ごはん食べますか!?」と言ってお米をいい音で研ぎだしたこと、そしてそのご飯が光輝いちゃってたこととか、忘れられない出来事がいっぱいあります。
ご飯もそうだけど、マイケルさんのダルをはじめとするカレー、いつもキラキラ輝いてた!


●●●


もう、マイケルさんいないんだなあ、マイケルさんがカウンターから顔を出して、「○○カレー食べますか!?」とか声をかけてくれたこのお店もなくなっちゃうんだなあ。


今ルチで頑張ってる料理人の方々のベンガル料理も、マイケルさんの味ではないけれど、マイケルさんが作ってた頃とメニューは変わらず、今の料理人の方たちの心がこもってておいしかったです!
よく、スターシェフがお店を辞めちゃうと味が変わっちゃって、お店が落ちぶれて最悪閉店に追い込まれちゃったりするけれど、ルチは実によいお店だったと思います。

大山のお店でも、今までどおりのルチのお料理が食べられるそうなので、ぜひ今後も頑張って欲しいです!

★ルチ レストラン&ミニバー
東京都板橋区大山東町28-10
Tel:03-3579-8631

バングラ・サラダ(きゅうり抜き)バングラ・サラダ(きゅうり抜き)

ルチの定番中の定番、バングラ・サラダ。仕入れた青とうがらしによって、毎回微妙〜に辛さが違っておもしろいサラダでした。今回は6名中2名が「きゅうり嫌い」なので、きゅうり抜き・トマトいっぱいヴァージョン。

チャナ・チリチャナ・チリ

チャナ・チリ。チリというくらいだから辛い。でも何か優しい辛さなのよね。

ジャール・ムリ

マスタード・オイルが効いてる、ジャール・ムリ

バングラ・オムレツバングラ・オムレツ

お店の方からサジェストしてきた、バングラ・オムレツ。はああ〜、んまい。

バイグニバイグニ

なすのパコラこと、バイグニ

ピアジュピアジュ

たまねぎとか野菜のかき揚げ?みたいなピアジュ

はああ〜、おいしいね、マイケルさんのことを思い出して涙でそうになったり、みんなのそれぞれのルチにまつわる思い出やそれに伴うこの10年位の人生ばなしにもじ〜んときたり。

引き続き、お食事を。

ルチいきたーい!

今日は夜タミル語講座に行って、シャヒ・ダワットに寄って帰ってきました。

で、録画していたNHK BS-1「アジアクロスロード」を見ました。
というのも、今週1週間、われらが板橋・ルチ(バングラデシュ料理)が登場するというからです♪

おうちごはんが増えてきた今日このごろ、ちょっとごぶさたはしているけど、ああっ、マイケルさんが出てるー!
今日ご紹介のカレーはマチェットルカリー(魚のカレー)。
うわあ、めっちゃおいしそう。。。

金曜日まで、毎日テレビでマイケルさんに会えるのね!わーい。

中央ステージ
行ってまいりました、今年も。
毎年4月に池袋西口公園で恒例になっている、バングラデシュ人のボイシャキ祭りに!

昨年のボイシャキ祭りの日記

午前中は、冷たい雨模様で、午後1時ぐらいに到着しましたが、ちょうど晴れて、そしてすごい人だかり。


入口
これは会場の入口です。
入口から人がどっといることが分かります。しかも日本人率が少ないので、一見びびるかもしれませんが臆せずに入りましょう♪


カレー
タミル語講座ともだちのむるがさんと、むるがさん行きつけのお店「Ethnic Dining シャングリラ」に行ってきました。

私は今日で2回目。

家に帰ってネットで検索してみたら、ほとんど記事がないんだよねぇ。
できてまだ1年と経ってないらしいけど。

場所は、高田馬場から戸山公園方向に徒歩約10分。
有名なカレー屋さん「夢民」の斜め向い、ってところです。

小中学校時代の盟友・ぽんちゃんとルチでデエトしてきました。
連絡不精のこのわたくし、ぽんちゃんともずっと連絡とりそびれていたのですが、昨年秋に、mixiのカレーに関するコミュニティのオフ会(@ルチ)で思いがけず再会したのでありました。

★バングラ・サラダ をまずオーダー。

今日も辛口。ビールが進む〜。
ぽんちゃんとは学生時代、よく遊んでいたけど(小中学校時代だから)一緒に外食したこととかほとんどなかったの。
だから、二人してがぶがぶアルコール飲んで、カレーを食べるなんて、想像しなかったよ。
ふう、オトナになったねえ。

ボイシャキ・メラに行ってきました。

午前にバラ組のリハーサルに3時間参加してから、午後1時過ぎに会場の池袋西口公園に行きましたが、入口を入った途端に異空間。
バングラデシュコミュニティの方々で大盛況です。

グルジリ関係者、バラ組関係者で混じりあって、バングラデシュな食べ物を屋台でゲットして、
さあシェアだ!宴会?だ!
昨年もこのイベントで食べたビリヤーニは必須アイテムだけれど、他にも牛肉のシシカバブ(写真手前)、ハリム、ジャール・ムリ等、
なかなか食べる機会のない食べ物がたくさん食べられて、しかもウマイんだからシアワセ♪

我らが板橋・ルチの店長、モニールさんも、ステージでウットロンを披露してました。
美声ー!

音楽に合わせて、子供が踊ってました。カワイイ。

ステージ下でも、日本人とバングラデシュ人が入り乱れて踊り出しました。

場を特に盛り上げてたのは、バングラキングのwadaさんとバングラクイーン&バラ組仲間のsanjoさん!

私も後ほど、つられて一緒に踊っちゃいました。いい汗かきました。

ボイシャキメラ(バングラデシュの新年のお祭り)に参加したのは、昨年に続いて2回目ですが、昨年より盛り上がってたし、屋台のごはんも全ての店において気合いの入った手作りでおいしいし、お祭り関係者のバングラデシュの方々が、とても気持ちのよい対応をしてくれて、とてもとても楽しい春の一日!って感じでした。
来年もぜひ行きたいです!みなさん、おつかれさま。

先週に続いて、昨日、ルチに行ってきました。

ルチ
板橋区板橋2-63-1 [地図]
03-3963-8195
営業時間 11:30-15:00、17:00-22:00
無休

私がインド映画ダンスを習っている、と店長のモニールさんは知ってるからか、
アイシュワリヤー・ラーイのダンス集のビデオを流してくれた。
(たぶん、【Shakthi】や【HDDCS】とかの曲が流れてたと思う)

バングラ・サラダ
昨日のは、生の赤唐辛子が入って、いつにも増して辛かった。
お水をいっぱい飲んじゃった。舌先がひりひりして、なかなか話もできない状態(笑)。
でも、おいしいんだよね、ルチに来ると、スターターはいつもほとんどこれだよ。

チャナ・チリ
辛いバングラ・サラダを食べた後だからか、チャナ豆がとっても甘く感じて、ホクホクしておいしかった。
でも、チャナ・「チリ」だから、ほんとは辛いんだよ。

ここまで食べ終わったところで、カレーを注文するのである。
時間がかかるのは承知しております。
ゆっくり待ってるから、おいしいの、よろしくねー。

待ってる間、mixiのヴィジャイ・コミュニティの話をのんびりしていた。
もっと日本でも、タミル料理とタミル映画を結びつけてみんなで交流したり、
その土地の文化へのリスペクトや理解を深められるようになるといいんだけどな。

そういう意味では、このバングラデシュ料理のルチで、バングラデシュ映画とかも
見てみたかったりします。

ライス
いつもはごはんまでは写真を撮ってないんだけど。
カレーを注文したら、マイケルさんが「ライスで?」と確認。
(ナンを注文してるお客さんが多いからかな?)
「はい、ライスで」

しばらくすると、厨房からお米のザザーっという音。
なんとマイケルさんがお米を研ぎ始めたではないか。
うわー、正真正銘の炊きたてがでてくるわけですね。

ということで、約20分後、ピカピカに炊き上がって登場したごはんの姿にうっとりして、
ライスも撮影するのであった。
ごはんだけでもおいしい。ハグハグハグ。
あ、ごはんばっかり食べてるとカレーが余っちゃうよ〜。

スペシャル・ムルギ・マサラ
骨付きチキンのカレー。マイケルさんが「今日はスペシャル・ムルギがフレッシュだ」と力をこめて言っていたので注文。
ほんとにフレッシュ。なんてみずみずしい味なんだー。

シャーク・バンタ
なすとほうれん草のカレー。
冬はほうれん草が実にうまいです。
なすとほうれん草のほのかな甘みを感じつつも、がつんとどこか辛いのがルチ流かな。
(もっとも、注文したときに、マイケルさんが「辛くしてもいいですか?」と聞いてきたけど。
もちろん、マイケルさんにお任せだよ!!!)

ソーン・パプリ
口に入れるとふわっとしてすぐ溶けちゃうスイーツ。
店長のモニールさんが先日バングラデシュに里帰りしたときに買ってきたもののおすそ分け。
カレーのあとのスイーツは、たまりませんなー。

ルチは、注文してから調理しはじめる料理が多いので、はやる気持ちを抑えて待たねばなりませんが(笑)、
待った甲斐のあるものがいつもでてきますね。
しかも、全然胃にもたれない。
食べてるときも、食べたあとも、ずっと満足で、余韻に浸りまくれます。

ごちそうさま。グレイト。
ステキなバレンタインの夜でございました。

これから泊りがけで本庄方面に出張にでかけます。(休日出勤...)
列車に乗る前に、湯島のデリーでカシミールカレーでも食べようかな〜。

と気付けば、【K3G】を観た先週末からカレーばかり食べてるよ。
10/30(土):
昼〜スリランカ・フェスティバルでインディアーッパとかいろいろ
夜〜東京インド人会ディワーリで、サンバル・ワダとかいろいろ
10/31(日):
昼〜小岩トプカでキーマカレー
夜〜板橋ルチでいろいろ(じゃがいものバジとかめちゃウマ...)
inaさんのレポート

11/1(月):
昼〜神保町シャンティでチキン・マサラカレー
今日:
昼:九段下カンチャナでマトンカレー

どうするよ、こんなにカレー食べててまだ夕飯もカレー食べる気なのか!
でも食べる気まんまん。

さっき、インド映画ニュースブログにカキコしてたんだけどさ、その記事に書いた映画【Virumbukiren】(タミル語:ヴィルンブギレーン)って意味はご存知です?

この単語自体は、普通英語なら「want」とかいう訳が当てられるけれど、人に対して使うときは、「愛してる」という意味です。

今の私は、カレーをヴィルンブギレーン!って感じだな(笑)
では、そろそろ出発するっす。
みなさま、よい休日を〜。

休日出勤の出張で、今日は朝6時半から夕方5時半すぎまで、埼玉の本庄で仕事。
へろへろになっての帰り道、ピッチのメールに、「ルチに来ない?」のお誘い。
うわーい、2日連続でも行っちゃうよ、行っちゃうよ♪

昨日のメニューがノン・ベジ系が中心だったのと逆に、今日のメニューはベジ系が多かった。
でも、ベジ系もまたたまらん!
ルチの熱烈なサポーターのまっちーさんやサトウさんたちの、店に対する愛情溢れたお話しを伺いつつ食べるお料理は、どれもハズレがなく、お見事でした。

料理以外の話にもなったとき、ずいぶん温かい言葉をかけていただいた。
なんだかその言葉の数々が、おいしい料理とともに、とってもココロに染みちゃって...。うれしかった。

inaさんのレポート

人に誘っていただいて、このごろ話題?の板橋区役所前のインドレストラン(ベンガル料理)・ルチに行った。

ベンガル料理は、たぶんほとんど初めて。
めっちゃ、おいしかったなあ〜。
チキン・ビリヤーニが、特筆ものにおいしかった。
2年ぐらい前に、綱島のハラルフード屋がレストランもやってたときに、マトン・ビリヤーニを食べさせてもらって、あのときからビリヤーニに恋焦がれてたんだけど、なかなかその後日本であの味に再会できなくて。それが、今日ついにまた食べられて、超うれしかったぞ。
(5月の池袋ボイシャキ祭りの屋台でも、おいしいビリヤーニが食べられたけど、レストランでは機会がなかった。)

食べてる途中で、この食事会はmixiの某カレー・コミュニティで募った方々中心のオフ会だと判った。
そして!

隣に座ってた女のコに初対面のつもりで声をかけたら、見覚えのあるような。
なんと、小中学校の同級生で、まんがの貸し借りなどでよくつるんでた、ぽんちゃん!

卒業後、つい連絡不精で疎遠になってたけど、カレーの会で思いもかけず再会するとはっ!
中学時代、給食以外に一緒にカレー食べたこともなかったし、彼女がカレー好きだったとは想像もしてなかった。
うはあああ〜。
インターネットの普及のおかげで、こんなこともおこりうるのね。

実は、ずっと中学時代にまんがを借りっぱなしで...でもついきっかけがつかめず(というか恥ずかしくて)、たまに彼女を思い出しては連絡をとろうとしても最終的に勇気をふりしぼれなかったの(爆)

これは、神様の下した運命なのだわ、とすぐに懺悔いたしました。
ぽんちゃんは、笑って許してくれました(...と信じたい。)

これを機に、友情が復活すると、うれしいな♪
ぽんちゃん、よろしくね。

inaさんのレポート