武道館から1か月

えええ、もうポールと最後に会ってから1か月経った、ですって!?
は、はやすぎる。。。

余韻にまだ浸ってるんですけど、時の流れがあまりに速い。。。
で、今日はリバプール公演でしょ。
ポール、元気で何よりです。

猛暑日

なんかすごい真夏日らしい。日中、冷房効き過ぎになりがちな会社にいたから、私自身はそんなに汗だくにはなっていないんだけど。

日本に限らず、インドではアーンドラプラデーシュ州やテランガーナ州を中心にこの数日の猛暑で1000人以上亡くなっているとか。。。
タミルのお隣の州が出てくるこのニュースが、日本語でも大きく報じられているので、自分もGWにチェンナイに行ったことがあるけどあの時も本当に暑かったのであれより暑いのか、とさらにビビっています。

地球温暖化ってやつが、加速してるのかしら、明らかに。

ますます、ポールが提唱する「ミートフリー・マンデー」みたいなものを、ちょっとでも個人個人が意識して取り入れて環境対策に取り組んでいかなければならないのかも。

冷房効き過ぎ、というのはよくないなあ、オフィスのエアコン、こまめに温度調節を明日から意識しよう、と思います。

ポスターコレクション。

せっかくだから、ヴィジャイまつりのときにお店に【Sivakasi】とかのポスターを飾ろうと思って、久々にポスターの山をごそごそ。

もうすぐこの映画公開から10年になるけど、このポスターもらったときのこととか思い出すねえ。
すごく嬉しかったなあ。
爆竹ぶらさげたヴィジャイだなんて、物騒なんだけどさw

今晩も、せっせとジラジラジラ♪の日本語字幕付け。
といっても取りかかる前に、むすことポール観てたり、むすこの絵本読み聞かせとかしてて、実はそんなに進んでない☆

パナソニックのデジカメLUMIXで撮った動画(MTSファイル)が、今までGOM Playerで再生できてたのに、このごろGOM Player側から最新バージョンにしたまえ!と頻繁に警告が出てくるのでアップデートしたら、音声が聞こえなくなったー!

GOM Playerってば、以前のバージョンだったらsrtファイル(自作字幕とかで使う形式)もちゃんと表示されてたのに、今どきのやつはウチのマシンではダメで。うー、何がバージョンアップだあ!音といい、字幕といい、改悪だあ!

あれこれググったりして結局、MovistというフリープレーヤーがMac対応でMTSを再生できたので、MTSについては今後はこっちで再生だー!

昔はWindowsといえば仕事、Macといえば映像に強いだの言われてたものだけど、今はなんだかMacは色んな面で弱いね... お金かければ何とかなるものなのかもしれないけどさっ。

(字幕つけるのも、Macで何使うとちょうどいいのか結局分からず、Windowsで作ってるんですけどね。)

てんぽらりぃ・せくれたりぃ♪

今朝流れてきた情報によると、ポールがロンドン公演で、またも「世界初公開」でTemporary Secretaryを披露したそうで。
わーそれ聴きたかった。なんてったって、私が初めてレコードでポールを聴いたのが【マッカートニーII】。
よく「そのアルバムからファンになるなんて、珍しいねえ」と言われたものだが、このアルバムで、すぐにファンになったんだよ。
そのアルバムの2曲目だよ、テンポラリー・セクレタリー。もしかすると、当時はこの曲が一番気に入ってたかも。
"I need a, I need a..."のフレーズが「阿弥陀、阿弥陀」と空耳してて、不思議な曲だなあと思いながら口ずさんでいたな。
ヘンな中学1年生だった☆

今のツアーでは、コンサートが始まる直前に流れる曲がテンポラリー・セクレタリーだったので、この曲をポールが思い出して演奏したりすることはないのかね?とは思っていたけれど、ポールは覚えていたんだね。(それとも、世界初披露をどんどんやりたくて、スタッフにピックアップしてもらって必死に思い出して練習していたりするんだろうか?)

次に、日本に来るときに、ぜひやっていただきたい☆
でも、やっぱりその前にどこか海外に聴きに行っちゃうかも???

●●●

夕方、久々に小岩のサンサールに。
ネパール大地震のチャリティーバイキング。朝日新聞にも取り上げられていたそうで、ものすごくごったがえしていた。
ウルミラさんをはじめ、スタッフのみなさんはとても忙しそうだったけれど、さすがのお味。
大勢来たからといって、手抜きなしの心のこもった料理の数々。
ネパールの復興にどうやったら小さな力であっても貢献できるのか、考えたいね。

KadhalKondaen.jpg← 私の所持する、かーだる・こんでーんグッズ。現地CD販促ポスター☆

今日はインド映画同好会さんの鑑賞会で【Kadhal Kondaen】(2003年)を観てきました。

ちょっとねー、重い話なんで、傑作だと思ってるけど自分では何回も観てられなくて、家でもDVDで1、2回観たことあるかなー、という感じで。

たぶん、十年ぶりぐらいで観たんですけど、昔より若干、自分もタフになったようで、今回は観てられました。(なんか、ヘンな表現だな)

●●●

2003年って、とにかく前年からヴィクラムの年で、ダークホース的にダヌシュが彗星のように現れて、夏にはシッダールタがシャンカル監督の【Boys】でデビューして、秋にはヴィジャイの【Thirumalai】がどーんと出て。スターの勢力図みたいなものががらっと変わってきた年でした。その中でヴィジャイもそれまでのボンボンなアイドル俳優的なイメージを脱却してターニングポイントを迎えたというか。

ま、2003年は、私はそれまで何度もなぜか遭遇できたもののいまひとつファンになってなかったヴィジャイに、【Thirumalai】で真っ逆さまに落ちました、っていう、自分にとっても激変の年だった(笑)ので、なおさら印象深いのですが。

【Kadhal Kondaen】は、いかにも低予算映画で、古臭い作りな部分も多いんだけど、やっぱり今のダヌシュの得意分野だったり方向性みたいなものが、この時期に既にできていて、圧倒されるのでした。
ヴィジャイのデビューの頃と較べても、やっぱり2作目にしてこのダヌシュ、というのはスゴイと思う。

あとね、今は亡きナーゲーシュおじいさま(神父役)がね、いいですわね。
2007年にお会いしたときに、この映画に出てましたよね?と言っても無反応でしたけども。

わたしとしては、ダヌシュはこの次の作品(2003年9月公開)だった【Thiruda Thirudi】の方が不幸をしょってなくって、断然大好きなんですけどね☆

私に2003年頃のタミル映画について語らせたら、長いよ!(笑)

●●●

さてまた明日から【Jilla】の字幕つけ、がんばろー。
Sivakasi】【Thirumalai】の告知文も考えなくっちゃ。

なんどり映画倶楽部も楽しく開催させていただいてますが、他にもどんどんいろんなインド映画のイベントが持ち上がってくるのは楽しいし喜ばしいですね♪


私が初めて体験した「インド映画」は、ラジニ×ミーナの【ムトゥ 踊るマハラジャ】だったわけですが、最初が【ムトゥ】じゃなかったら、きっとこんなにインド映画にハマらなかったなあ、って時々思うんですよ。
ほんとに、【ムトゥ】との出会いが、人生変えました。今のところ自分の生涯なんばるわんは、ムトゥで動きませんわ。

そんなこんなで、その【ムトゥ】の監督が来日してるとなれば、一目拝みたいじゃないですか!
昔、ステージ上での監督は拝見してはいるんですけど)

で今日の午後からジタバタしはじめたら、夕方、K.S.ラヴィクマール監督とクシュブーとのプチ懇談会的な某お食事会に急遽混ぜていただけることになり。

会社を定時ダッシュで出て、家に戻ってとりあえず思いつくサイングッズ(笑)を手当たり次第かばんに入れまくり、息子を保育園に迎えに行ってそのまま会場へGo!

クシュブーのだんな様で【アルナーチャラム 踊るスーパースター】や一昨年の富山ロケ映画【TVSK】の監督を勤めたスンダル・C監督は昨日帰国しちゃったらしいです(がーん)が、まずラヴィクマール監督がやってきて、その後クシュブーと娘さんたちがやってきました。

KSR-K-selfie.jpg

セルフィーを撮ってるお二方。楽しそうですー。

でご挨拶タイム到来☆
時間があんまりなさそうだったので、いっぱいサイングッズを持参していったけど、どれか1枚ならどれだ!ってなわけで出発する前はやっぱり【ムトゥ】関連だろう、と思ってたのですが、いざその瞬間が来たときは、【パダヤッパ いつでも俺はマジだぜ】のロビーカードにいただきたいと思いました。
監督の名前が表記されてるし、スチールもとても気に入ってる、自分の手持ちのラジニグッズの中でもとりわけお気に入りの宝物で。

KSR-autograph.jpg

監督、しばらくロビーカードに見入って、何人かと記念撮影した後、タミル語でサインしてくれたよー!

KSR-Kushboo.jpg

後から考えると、【パダヤッパ】がKSR監督ものでは、一番銀幕で鑑賞した回数の多い映画(トータル21回、だったかな。。。)なので、やっぱりコレにいただいてよかったな。

いろいろお話したかったところだけど、ご本人目の前にすると頭まっしろにもなるし、時間があるわけでもなかったので、(パダヤッパが大好きなのは大前提として)「【Lingaa】はセカンドハーフがすーぱるでした! あと、私はカマルハーサンの(KSRが監督した)【Panchathanthiram】がとっても好きです!」と声かけさせていただきまして。うんうんうなずいてくれた☆

リンガーもパンチャタンディラムもインド現地では大ヒットとはならなかったらしいけど、お気に入りにしてる日本人もいるんだよ!という意味あいでとにかく伝えられたのはよかった。

ヴィジャイともまた映画撮ってください、と言い忘れたな。
(1990年代に1本、ヴィジャイ映画を撮っていて、これがまた結構おもしろいんだ☆)

●●●

クシュブーには2003年末にチェンナイで会ったときの写真を見せて、そこにサインいただきました。
写真に彼女と一緒に写ってたちびっこが、今やクシュブーよりも大きな娘さんに成長されていて、びっくり。

一昨年の富山【TVSK】ロケでスンダル・C監督と撮った写真を差し上げたら、娘さんの一人が、「お父さん、かっこいいもんねー」とつぶやいてた。

日本でいうと、思春期とか反抗期とかで親のことをまず褒めたりしそうにないお年頃とお見受けしましたが、「お父さん、かっこいい」と素直に口から出てくるなんて、なんてスバラシイご家族なんでしょう☆
クシュブーもしょっちゅうtwitterでダーリンについてノロけてるもんね。結婚して十数年は経っているでしょうに、いまだにラブラブ。
うらやましー!

落ち着いて話せる時間があったら、クシュブーには【Villu】でヴィジャイと踊ってましたが、どうでしたか?とぜひ聞きたかったんですが、こちらも言いそびれたー。
でも、娘さんの「お父さん、かっこいいもんねー」つぶやきを聞けただけで今日は大満足ですw

●●●

監督、クシュブー姉御、イベントに迎えてくださった関係者のみなさま、今日は本当にどうもありがとうございました。

ラル様、日本

Jilla】に日本語字幕をつけている今日この頃なので、連日ドーティ姿の渋いモーハンラールを拝んでいるわけですが。

そのモーハンラールが、今日本に来ていて、銀座のナイルレストランに立ち寄ったらしい☆

【Nair-san】という、ナイルレストラン初代のナイルさんを主人公にした映画を撮影するはずだったラル様。

以前、ナイルさん撮影で来日か、について書いた記事

このプロジェクトが頓挫したらしい(しかも、音楽担当予定だったA.R.ラフマーンが【スラムドッグ$ミリオネア】で来日記者会見したときにナイルサンの進捗を直に質問して、「映画の企画、無くなっちゃったみたいだよ」と言われてすごくがっかりした覚えが...)と聞いてからもう何年も経ったけど、ラル様がナイルレストランを訪れるとは!

※以前2代目のG.M.ナイルさんとお店でしゃべったときに、ラル様がウチに来たことあるよ、と言っていた(=1980年代に日本で映画撮影したとき)ので、再訪問ってことだよね。

もしかして、ナイルさんプロジェクトが再発進したりしないかな♪
ちょうど先週、【銀座ナイルレストラン物語 日本で最も古く、最も成功したインド料理店】を読んでたんだよね。タイムリーだわよw

この本によると、A.M.ナイルさんは、銀座ナイルレストランを経営しながらも、年に半分はケーララに里帰りしてたそう。
【ナイルさん】を作ろうとしてたアルバート監督も、現地の人にも「ナイルさん」って親しまれていたよ、と言っていた。
だからラル様も、「異国で頑張るケーララ人代表」としてナイルさんを生前から慕っていたかもしれないね。

現在、大阪ではクシュブー&スンダルC一家が観光で来日してるようだけど、ラル様もプライベートで来てるらしい。
ようこそ、日本へ。楽しんでいってくださいねっ

シルバーウィーク?

9月の連休って5月のGW同様、5連休だったんですね。
今日気が付いた。。。
ヴィジャイの新作【Puli】も9月17日公開が有力だとか!?
ならばどこか海外に観に行かねば!

なーんてインドやマレーシアやシンガポールのその時期の航空券の概算を調べまくってしまった。
当たり前だけど5連休では高値。

これで予約しといてヴィジャイ映画の公開時期が遅れちゃうと、ちょっと(かなり)泣きが入るんですが。

でもこうやって検索してる時間って、だらだらしちゃうけど幸せな時間でもある☆

秋葉原でキーボードを買った

iMacのキーボードに飲み物をぶっかけて3分の1ぐらいのキーが打てなくなってからたぶん1-2ヶ月は経過。
ダーリンからキーボードは実物見て触ってから決めた方がいいとアドバイスがあったので、触りに行こうと思いつつ行きそびれてて。

やっと本日、家族で秋葉原行って、かわりのキーボードゲットしてきました。
マウスもBlueLEDってやつを新調しました♪(どっちもApple純正ではナイけど)

ということで、自分のメインマシンで久々の日記です。
メインマシンはそれまで、まだ文字を読めないし入力もする必要がないむすこが、クリックだけでyoutubeにたどりつき、えんえんとドラえもんを観る専用機状態になっていました。。。

●●●

久々に秋葉原から御徒町方面にゆっくり歩いてみたんだけど、ほんと再開発されちゃって、私が昔足繁く通った頃の面影はあるようなないような。

アナログレコードがまだ全盛だった頃、いっつも発売日の2日前位には購入できるから、自転車こいでポールを含め新譜を秋葉原の石丸電気とかに買いに行ってた。
石丸電気だと、LP購入特典で独自にポスターやおまけを結構もらえたりしてて、嬉しかったよね。

ポールの【ヤァ!ブロード・ストリート】を買ったとき、初回特典のポスターがLPに折り込みだったけど、石丸では折ってないポスターもくれてやったやったーって思った記憶が。
(しかし、現在ポスターどこにやっちゃったのか不明...)

輸入盤も石丸電気でよく買ってたなあ。
今はamazonとかつい通販で買っちゃうことが多い。

●●●

駅にくっついてたアキハバラデパートの100円コーナーが好きで、なぜかビートルズのジャケット型ガムが2個100円で売ってたりしてた。
キャンドゥやダイソーとかが出てくる前の話。

アキハバラデパートが実はかなり好きだったようで、あそこが閉館してから秋葉原を散歩することはほとんどなくなっちゃったなあ。
(ヨドバシカメラとかピンポイントではよく行ってるけれども)

そんなこんな、ぼんやり思い返しながら、御徒町でうさぎやのどら餡ソフト食べて帰ってきました。
どら餡ソフト、前は豆乳だったんだけど今は牛乳から作ってるのね。豆乳バージョンの時の方が好みだけど、今でもやっぱり美味しい♪♪♪