ワールドカップドイツ大会を見ながら今、【ベッカムに恋して】に思う

ワールドカップドイツ大会を見ながら今、【ベッカムに恋して】に思う
ベッカムに恋して

2003年4月、ワールドカップ日本大会(2002年)後ずいぶん経ってから日本公開されて、ほとんど注目を浴びずに公開終了してしまった、ベッカムに恋して

イギリスに住む、ベッカム大ファンで自身もサッカーをプレーすることが大好きなインド人少女が、
プロ女子サッカーリーグを目指すストーリーです。

インドでも、マサラムービーではないにもかかわらず、2002年夏~秋に、ロングラン上映されていました。
アメリカでも、確かトップ10に4週食いこむ好結果を残してました。

私は日本で、試写会ロードショーで2回観に行きました。
とてもステキな映画でした。
でも、日本では大コケだったらしいです。

ワールドカップ日本大会の話題が盛り上がってた頃(2002年6月1日)に公開された、
チャウ・シンチーの香港映画【少林サッカー】は、見事な大ヒットだったじゃないですか。

【少林サッカー】も初日に行き、あまりにおもしろくて2回続けて観ちゃって大満足でした。

が、その反面、【ベッカムに恋して】も、海外とほぼ同様の時期だったワールドカップ直後だとか、
せめて2002年中に上映していれば、もっとみんな注目しただろうに…
と後にとっても残念に思ったものです。

ああああ、なんともったいなーいっ!

●●●

先々週、ワールドカップドイツ大会の決勝トーナメントでイングランド戦をテレビ観戦してたら、
ベッカムが、フリーキックの場面で、
とってもお見事にぎゅうう~っと曲がった、スーパーなシュートで1点取ってました。
あの胸をすくような、キック。
感動しました、ベッカム様、やっぱりすごい。

 :

ああ、そうか、【ベッカムに恋して】の原題
Bend It Like Beckham】(ベッカムのシュートのように、ボールよ曲がれ!)って、
サッカー少女なヒロインが、まさにこのシュートのようなボールを蹴りたい!
って意味だったんだなあ、と思いました。

今更ですけど、ベッカムの試合を観たことがある人なら、
主人公の、サッカーに対するすごいワクワク感や情熱が伝わってくるタイトルじゃありませんか?

Bend It Like Beckham

このワクワク感が、もう少し、日本でのタイトルにも反映されていたらよかったですね、きっと。

中古ソフトでもいいから、この映画もぜひ、もっといろんな方の目にふれてほしいな、と思います。

旧ブログコメント

もん 2006年7月12日 23:21
むんむんさん!やっぱり!!
あのベッカムのシュートを見て この映画を思い出しましたよね。
ジツは ベッカムのシュートの凄さを見たのは、今回が初めてで、
映画の題を見てもピンとこなかったんですよね。

でも「ベッカムに恋して」は 邦題でソンしたかなぁ・・・って思います。
せっかく良い映画なのにね。

モンスーン・・・も好きですよ。
どこの国もパパは 大変(汗)

むんむん 2006年7月13日 12:59
もんさん、わなっかん!

レーシック後の目の調子はいかがですか?
私はかなり安定してきましたよ。

もんさんも、あのシュートでこの映画を思い出しましたか!
うわーい、仲間♪

私も、前回の日本大会ではベッカムのルックスばかり観てたので、
今回初めて、ベッカムって容姿だけじゃなく本当にすごい!
あんな曲がるシュート、美しすぎ!と思ったのでした。

【ベッカムに恋して】、まだ日本公式サイトがネットに残ってるので
昨日久々に読み返しましたが、とっても気合の入ったサイトなのに、
好結果を残せなかったなんて、ますますもったいない~と思いました。

ところで、ジダン選手の決勝戦でのレッドカード事件、
当初出身地のことなどで侮辱されたから
頭突きをしてしまったのでは?
というようなことが報じられてましたが、
この映画でも、ヒロインが試合中に「パキ」と言われ動揺する場面があったのを、思い出しましたよ。

ととひろ 2006年7月15日 15:02
私もベッカムのシュートを見て、この映画を思いだしたクチです(笑)
ベッカムのウリだったんですねえ。

「ベッカム~」は、友人役のキーラ・ナイトレイがその後大ブレイクしたので、
そのファンが見る機会が多くなったんじゃないでしょうか。
主役のバーミンダ・ナーグラはERに出演してますね。監督は「花嫁と偏見」だし。
なぜ日本でだけコケるのか・・・

むんむん 2006年7月16日 11:30
ととひろさん

そうなんですよね、出演者のその後のメジャーぶりからしても、
実は結構なお宝的な映画なのかも。

日本は、あんまり映画の内容を吟味しないうちに配給権を購入してしまう慣例から
素っ頓狂な宣伝になってしまったりするのかもしれないですね。
でも【ベッカムに恋して】の公式サイトとかよくできてるので、そんなに
日本の売り方も間違ってない気もするんだけど。

ただ、背伸びをせずに単館上映にしておけばよかったところ、拡大上映をしちゃって
失敗しちゃった面もあるんでしょうね。

それにしても、ベッカムは風格も出てきて、こないだの大会は本当に
かっこよかったな!

ととひろ 2006年7月17日 19:44
日本の宣伝って、話題性を狙って売ろうという意識が変に強くて、その映画の良いところを知ってもらおう、というのが少ないような気がします。

余談ですが、
ぐぐってみると、「ER」でバーミンダ・ナーグラの父親役にアヌパム・ケールが出演したという情報が^^;

むんむん 2006年7月21日 18:47
今、会社帰りに乗る駅のホームに【パイレーツ・オブ・カリビアン】の大ポスターが貼ってあるので、
毎日毎日、キーラ・ナイトレイを拝んでますよ~。
ほんと、ビッグになったもんだ。

Indian Movies / インド映画の話カテゴリの最新記事