Indian Movies / インド映画の話

2004年1月のポンガルカード (その1 普通のカード編)

2017/01/14

わなっかん!
このページでは、2004年のポンガルを祝うグリーティングカードをご紹介していきます。

Klang

Chennai
 チェンナイや、世界各地のリトル・インディア等では、1月半ばの「ポンガル祭り」(2004年は、1月15日。タミルでは、1月1日よりも派手なお祭り騒ぎになります)が近くなると、たくさんのポンガル用のグリーティングカードが売られます。

 伝統的な柄のカードももちろん多いですが、映画俳優の柄もたくさん発売されます。
 人気の高い俳優ほど、いろいろな柄が登場するので、今年は誰が人気なのかという、ちょっとしたバロメーターにもなりますね。

 上記の写真を見るとだいたい想像できるかと思いますが、今年に関しては、

 男優:ラジニカーントヴィジャイ、ダヌシュ、ヴィクラム、アジット...

 女優:ジョーディカ、シムラン、スネーハ...

あたりが多い感じです。

 毎年ラジニとヴィジャイの数は安定して多いです。(何故か、カマルハーサンはほとんどみかけない...。)で、ラジニだけはいつも問答無用で目にしたものはほぼ全種類購入していましたが、今年は、【Thirumalai】や【Thiruda Thirudi】などがとっても気に入ったので、ヴィジャイやダヌシュもゲットだあい!

 では、2003年末から2004年にかけて、マレーシアのリトル・インディア(クラン)とインドのチェンナイで購入した、ポンガルカードコレクションをどうぞ、ご覧ください♪

◎普通のカード編 | 飛び出すカード編

カードの表紙、裏表紙を広げた状態です。

◆プラブデーヴァー


 なんか、サングラスをかけた怪しいお兄ちゃんなプラブデーヴァー。これで「ポンガルおめでとう」と挨拶する人が本当にいるのか、興味ある。

◆ラジニカーント

 ラジニの場合、売られてる種類は多いけど、昨年、一昨年の売れ残りらしきものも一緒に並べられていることが多いので、今回見かけた新種はこんな感じです。

毛を書きたしたラジニ内面

 以前、ラジニグッズページでも書いたことがありますが、このカードでも、どう見てもラジニの毛が(かつらではなく)黒々と不自然にたくさん書き足してある。どうせなら、おひげも色を統一すればいいのに...と思う。

 裏表紙の「Super Star」が21行も並んでる辺り、気合い入ってます。(1回書けば分かるよー。)
 このカードは、内側も「ぽんがる・わーるっとぅ...」と挨拶文が印刷されてます。(大半のものは白無地)

BABA
 仰々しい柄のカードが多い中、結構すっきりさっぱり、オシャレなデザイン。【BABA】の「Maya Maya」ミュージカルでのラジニ。でも、オシャレすぎるのもあんまりタミルっぽくなくて、ちょっとつまんない?

◆ヴィジャイ

ヴィジャイ
 ケンカを売りにきたような表情のカードで、「ポンガルおめでとう」と言うのも、カワイイかもしれない。

ヴィジャイ
 逆にケンカを仲裁するような表情のカードで、「ポンガルおめでとう」と言うのも粋かもしれない。
ヴィジャイ

 表表紙は、ジョーディカと一緒、裏表紙は、ダンスマスター・ローレンスと一緒でバラエティ豊か。ステキ♪

ヴィジャイ

 フロップ続きで落ち目...と言われかけたヴィジャイですが、2003年10月のディーパーヴァリに公開した【Thirumalai】で起死回生?の大ヒット。2003年中に3作発表してますが、ほとんどのカードが【Thirumalai】での柄を使用してる模様。いやーん、ヴィジャイ、カッコいい♪

◆シュリーカーント

スリカント

 淡いトーンで、これもなかなかオシャレなカードで。ニューフェイスなだけに、さわやかな笑顔ー。

 これだけでも、結構コテコテだったと思いますが、更にコテコテ・ワールドへ!
 →飛び出すカード編 にどうぞ。
それでは、わなっかん!

(2004.1.12アップのものを再構成しました。)

ブログ村に参加しています★

↓ブログ村に参加しています。よろしければ、1クリックお願いします。励みになります♪
にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

-Indian Movies / インド映画の話
-, , , , ,