Indian Movies / インド映画の話

Slumdog Millionaire (スラムドッグ$ミリオネア)を観ました

2016/09/15

スラムドッグ$ミリオネア

インド映画じゃないけどオールインドロケで、A.R.ラフマーンが作曲していて、アニル・カプールやイルファン・カーンも出ている、ダニー・ボイル監督のアカデミー賞受賞作【スラムドッグ$ミリオネア】(Slumdog Millionaire 2008年 イギリス映画)を昨日、見てきました。

●●●

この映画が昨年末から報じられだした頃、実はそんなに大きな興味はなかったんです。

【トレイン・スポッティング】の監督さんが作った映画ならたぶんおもしろそうだなー、ラフマーンも作曲してることだし観ようかな、っていう程度。

これはインド映画じゃないのに何かと「ボリウッド日本上陸!」的な紹介のされかたをするので、なんかそういうのって好きじゃないな~と思ってたりもして。

●●●

でも、観て、想像していたより遥かにおもしろかった!
っていうか、ほんとにいい意味で外国人が撮ったインドの映画でした。

インド人スタッフがセットで撮ることを希望していたところ、ダニー・ボイル監督が「ロケ撮影」を強行したという、スラム街のシーンは実によかった。

何しろ映っている 「 ゴ ミ の 量 」 が半端じゃない!

インド映画でも、スラム街の描写が多いけど、【スラムドッグ$ミリオネア】を観て、今まで観なれていたインド映画のスラム街は「セット」だったんだな、とよーく分かりました(笑)

舞台になっていた、ムンバイのジュフ・ビーチ、私も1日だけ行ったことがあるんです。
飛行場と隣接したスラム、崖に密集するスラムが着陸前に飛行機の窓から見えたときは、本当に驚いたし、ショックを受けました。

そして散歩すると、ビーチ沿いの高級ホテルの真横にスラムがあったり。
(ラジニの【バーシャ!】で、ラグヴァラン扮するマーク・アントニーがムンバイでホテル建設のために暴力で住民を追い出すシーンがあったけど、まさにジュフ・ビーチでもそんなことが行われていたのかな、と想像しました。)

あのとき、私が外国人として受けた衝撃が、【スラムドッグ$ミリオネア】の画面にも表れてました。

●●●

「外国人」が撮ったことで浮かびあがる「リアル」なインド、エネルギッシュなインドがよく描かれていて、映画全体が疾走感にあふれてて、へんに説教じみているわけでもなく、とにかくおもしろく観られました。
ラフマーンの音楽も、(やっぱりタミル映画のときのほうが好きだけど。)とっても映画に合っててよかったです。

ラフマーンと私 20090407

ラフマーンと私 20090407

写真は、こないだの記者会見後に撮らせていただいたラフマーン。
演歌の話をちょっとしたんですが、かなり興味をお持ちのようでした。
(インド人演歌歌手・チャダさんがアシストしてましたしね~)

いつか、「日本風」なラフマーンの音楽も聴けるかな?とひそかな楽しみです。

(mixi日記を転載)

ブログ村に参加しています★

↓ブログ村に参加しています。よろしければ、1クリックお願いします。励みになります♪
にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

-Indian Movies / インド映画の話
-, , ,