Indian Movies / インド映画の話

Thodakkam (トダッカム) | ラグヴァラン

2016/11/10

Thodakkam VCD

Title : தொடக்கம் Thodakkam - Action For Nation (トダッカム) (2008年 Tamil)
Director : Muthukumar R.
Music : Jerome Pushparaj
Starring : Raghuvaran, Monica

「thodakkam」(タミル語でbegining~始まり という意味)という名の、愛国心をテーマにしたメッセージ性の強い作品。
...というのはさておき、いとしのラグヴァランがこの映画で歌手デビュー!そしてインド大統領役で強烈な存在感!それだけでOK!(笑)

Release: 2008.2.1

出演者

Raguvannan ~ Vanchinathan  ※ラグヴァンナンは、マニヴァンナンの息子らしい?
Monika ~ Gayathri
Abinay ~ Chindo
Rishi ~ Habeeb
Meha Nair ~ Nancy

Ramesh Kanna ~ Rapichai, 食堂のおやじさん
Raghuvaran ~ インド大統領
Sarababu’s brother Santhosh, Stunt Master Thavasiraj, Andrews, Jakku, Pooshan, Distributor Chandra Sekhar, Gopal, Ramu and Kannan ~この9人が悪役(マフィア&テロリスト)
R. Sunderrajan, Rajeev, V.S.Ragavan, Anumohan, Sulakshana...

挿入歌

Aathamin Apple 歌手: Gayathri, Sathyan
Pazhamuthirsolaiyele 歌手: Anitha
Phona Pottu 歌手: Vijay Yesudas
Vaa Nanba 歌手: Vijay Jesudas
Yaar Yaaro 歌手: Abhilash, Goutam, Maya
Yathuthan Mudiyathu 歌手: Raghuvaran  ← ラグ様、歌手デビュー!

あらすじ

モニカたち5人は、幼い頃から一緒に勉強してきた大学生。
バイオ・テクノロジーについて研究を重ね、揃ってアメリカで研究する奨学金を得た。

アメリカに行って成功するぜー!と鼻息荒い若者5人。

ある日、インドで5人はドライブに出かけた帰り、犯罪現場に遭遇する。
それは、インドマフィア達で、無差別テロを起こすべくインドの大都市各地にバイオ爆弾を仕掛けていたのだった。。。

ラグの役

ラグヴァランはタミル人で科学者の前インド大統領 アブドゥル・カラーム ஏ. பி. ஜே. (அவுல் பகிர் ஜைனுலாப்தீன்) அப்துல் கலாம(任期:2002-2007)をモデルとするルックスで登場。

http://www.indiaglitz.com/thodakkam-gallery-images-tamil-2-303671

ラグヴァランのコメント:“I was moved to appear as Abdul Kalam. I consider it as an honor. It is one of the best roles that I have ever done”.
"It is my dream to do this role. I have been observing how different Presidents walk and talk. I am following A.P.J. Abdul Kalam."
"Playing the role of the President of India is not easy. I am satisfied with my performance in this film. It is my honour to be given this rare opportunity."

感想・みどころ

外国かぶれしている(優秀な)若者に、もっと母国を発展させるようにインドに目を向けよ、と問いかけるのがこの映画の根本的なテーマかと思います。

しかし、たぶん途中で資金が尽きたのか何か映画製作上トラブったんですな。
(トラブルと関係あるのか不明ですが、当初の題も【Arambam】→【Thodakkam】に変更になっている。)
素晴らしいと思うシーン、おもしろいと思うシーンは散らばっているものの、編集に工夫がないというか明らかに制作意欲が落ちたんじゃないか?って感じる。

1曲目のヒロインの女の子たちがお寺の前で踊るミュージックシーンはとてもキレイに撮れてます。
彼女たちにインド古典舞踊の素養があるのかは存じませんが、ハスタ(手の形)など結構指先までしっかり振り付けがされていて、イマドキの映画では珍しいなとさえ思います。
(スチール写真をいくつか見ても、トリパタカのハスタとかバッチリキマッてるんだわ。でも踊ってるのが単なるダンサーじゃなくて女優さんだから、表情もとてもかわいいし、やっぱりフィルミーダンスっていいなあ!と再確認です。)

http://www.tamilstar.info/gallery/v/Tamil-films/Thodakkam/thodakkam110108__14_.jpg.html

そして2曲目。
5人がしょっちゅう立ち寄る食堂の主人を演じるラメーシュ・カンナが、何故かメインで踊っている。
ファニーでおもしろかった。

しかし、その後残りのミュージカルシーンは、安っぽいアメリカ・西洋かぶれな服で踊る安っぽいダンスシーンが続く。

http://www.indiaglitz.com/thodakkam-gallery-images-tamil-2-303681

おいおい、1曲目のような素敵なダンスはもう燃料切れでおしまいですかあ???って感じ!

そして、映画の前半に渡って、この5人のアメリカ・アメリカぁ~(はあと)な、エピソードが延々と続く。
前半にかろうじて多少の締まりを与えているのは、コメディロールのラメーシュ・カンナだけじゃないかしら。

ヒジョーに退屈。いったいいつラグ様は出てくるんじゃっ!(怒)

後半に入ると、延々とマフィアに追いかけられる5人。
アクションシーンとしてもこんなに長々と見せるにしては面白みに欠ける。

だからあ、
いったい、いつ、ラグ様が出てくるんじゃいっ!!!

。。。

。。。。。。

ラスト30分、やっとラグ様登場です。待ちくたびれました。

でも、登場シーンの陰影のついたラグ、超・超・超!かっちょええ~。
さすがよ。
これまでのダレにダレまくった映画に、一気に締まりが出たわ。

ラグ様の歌手デビュー曲も、まあ彼の役柄にふさわしいシーンで使われていたわ。

もう、これで満足しました。ありがとう、ラグ。

(ラグの歌声は、ヘタウマの味です。味はあるけど、どうしてこの映画でラグが歌手としても引っ張り出されたんだろ。ラグが俺に歌わせろ!と監督に迫ったのかしらん。)

ラグの出演は残り30分だったわけですが、その後は出ずっぱり。
それどころか、大統領演説のシーンがこれまた長いこと長いこと。
(字幕ないし、何言ってるのか、分からなひ...。)

どうやら、ラグは、見事マフィアに勝った若者5人を、「アメリカに行かないでインドで母国の発展のために尽くさないか?」と問いかけるインドの大統領を演じていたのでした。

実在の元大統領をモデルにして演じているので、現地の人が観ると「おおっ!」って感じなのかもしれないです。大統領コスプレに関心のある方はぜひ???

ただのマサラムービーで終わらない映画を作ろう、という高い志で制作開始されるインド映画はきっと多いのだと思う。
でも何故だか途中でスロー・ダウンしてしまうのが多いのもまた事実。

【Thodakkam】も志半ばで、何かダメダメになってしまった映画だと感じました。
いかに、1本の映画を作り上げる、しかも最後まで気力充実で作り上げる、ということが大変なことなのだろう、と思います。
ラグが「今までのキャリアの中でももっとも演じてみたかった役のひとつだ!」と意気込みを語っていたのに、もったいなーい。
でも、彼の存在感こそが、最大の映画の見所でもあり。
歌声も聴けたことだしね。

最後に、ラグのシャツにネクタイ姿。
襟まわりがゆったりしていて、下に着ているTシャツの丸首襟が時々のぞく
演技を離れたオフの時間にお会いしたときも、よくこんな感じの着こなしをしてました。
(ネクタイはさすがにしてなかったけれども。)
きれいな発色の長袖の大きなシャツをパリッとのりをきかせてアイロンかけて...

この映画での衣裳、ある程度は彼の自前のものだったのかも。

ラグヴァランの存命中、最後から2番目に公開された映画と思われます。
この映画公開の約2ヶ月後のことでしたが。

本人はこの映画や自分の役の出来栄えに、どんな感想を持っていたのでしょうか。

●●●

以下、備忘録です。後ほど編集します。

The other side of Raghuvaran September 28, 2007

Raghuvaran’s calibre as an actor can never be debatable. It is evident from the fact that the super star had insisted on featuring him in his Sivaji, that too when the movie was on the roll, after missing him out initially. Well, this talented actor has another side which very few know - his tryst with music.

Raghuvaran, an ardent fan of Ilayaraja right from his college days, has also started to learn music formally. And to cap it all, he will release his own music album very soon. The album will consist of 15 songs, all in English, for which he is in charge of the music. Well-known singers have rendered their voice for this album, which is expected to be released in Chennai very soon.

And it does not end there. Raghuvaran has also been roped in for a song in Thodakkam, where he will render his voice for a song written by Kiruthiya. Music director, Jerome Pushparaj has composed music for this song.

News Reel India
Brain-drain due to the cream of our youths opting to go abroad for jobs and research work, attracted by the lucre and the better facilities offered there, forms the core of the film. The story centers on five classmates, three boys and two girls, who have set their hearts on going to the US.

Hailing from middle-class families, the five friends are naturally excited when their efforts succeed, and they get scholarships to do research in the US. Withstanding family pressure, the youths, adamant about not letting go the golden opportunity, get busy completing the formalities for the trip. Do they finally make it or not forms the rest of the story.

The director’s focus on his theme is worth appreciating, and there is no love track or romantic songs. The lead cast comprises of lesser known actors, an energetic fivesome, whose performances can’t be faulted.

The script takes a detour in the episodes of the gang’s encounter with some terrorists who had planned to destroy the country. The scenes of the chase and the attempt at deactivating the bombs is picturised in a juvenile and amateurish manner.

The President’s (Raghuvaran in an Abdul Kalam-look) advice to the youths on patriotism and the need to stay and work for the country is a bit too long drawn-out, and laboriously conveyed.

'Thodakkam’ is a well-meant effort at conveying a relevant message, and a promising beginning from a debutant director.

Screams for speed -- Thodakkam 2008.2.8
Genre: Thriller

Cast: Raguvaran, R. Sundararajan, Rajeev, Ramesh Khanna, Anumohan, Balu Anand, V.S.Ragavan, Sulakshana, Pallavi, Raguvannan, Abinai, Monika and Meha Nair.
Storyline: Five young students dream of going abroad but destiny has other plans.
Bottomline: A slow take off.
Vijayendra Productions “Thodakkam” starts on a bright note but the tempo is not sustained in the first half. The second half, being action-oriented, however, races.
Vanchinathan (Raguvannan), Gayathri (Monika), Chindo (Abinay), Habeeb (Rishi) and Nancy (Meha Nair) have studied together from childhood. Now graduates, they plan to find opportunities abroad to earn money. The day arrives but their plans are thwarted as they find themselves in the thick of a conspiracy.

The first half of the film is all about the group’s plans. But the director is not in a hurry to explain why they are so eager to fly away. The narration makes the audience restless. Raguvannan, Monika, Abinai, Rishi and Meha Nair find scope only in the second half. The young brigade accomplishes a mission and earns the appreciation of no less a person than the President, whose speech seems endless.

Notable performers
Ramesh Kanna as Rapichai, the canteen owner, is the only name or the face that tries to make us laugh in the first half, and succeeds too. Raguvaran as the first citizen of the country is noteworthy while R. Sunderrajan, Rajeev, V.S.Ragavan and Sulakshana do a perfect job.

This message oriented film benefits from the music of Jerome Pushparaj, who enhances the proceedings. Camera work by V. Adithya is commendble. Editor Uma Shankar Babu should have used his scissors to make the first half crisp. Muthukumar R, who is in charge of story and direction has also written the dialogue, which passes muster. If only he had made the screenplay tight, the film would have been engrossing.

S.R.ASHOK KUMAR

(2009.2.21 Lotus Five Star VCDにて初鑑賞。)

ブログ村に参加しています★

↓ブログ村に参加しています。よろしければ、1クリックお願いします。励みになります♪
にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

-Indian Movies / インド映画の話
-, , ,