Celebrity / インド映画界の人々の話

A.R.Rahmanの新春テレビ出演

2016/11/10

20050101ARR

A.R.Rahman in KTV interview program (Jan.1st,2005)
元日夜に放送されたインタビュー番組にラフマーンが出演。今はこんな髪型なんだ。

A.R.Rahman (A.R.ラフマーン)

日本で、昨年からボリウッド・ムービーが見られるCS110°というチャンネルができたり、
すこーし、日本でもインド映画が紹介される機会が増えてきたかな、という気もいたしますが、
それはボリウッド(=ヒンディー映画)であって、サウスなタミルの映画、タミルの業界人の紹介にまでは
至りませんねえ。
でも、このお方だけは違いますね。

インド全域のみならず、世界に活動を広げつつあるA.R.ラフマーン
(ケーララ系だけど)タミルナードゥ州チェンナイ生まれで、今でもチェンナイ在住。(詳しくはコチラを。)

昨年も、インド映画じゃないけれど、中井貴一主演の日中合作映画【天地英雄】が日本公開され、
ラフマーンがサウンドトラックを担当していたことですし、何かと日本語で彼のことが報じられたりしました。

活動が南インドに留まらない彼の発言をコンサートDVD等で観たりする限り、彼はいつも英語を話しています。
以前、ちょっとご対面させていただいたときも、英語で話しました。
そういえば、タミル語で話してるところって、見たこと無いなあ、と漠然とずっと思ってたんです。

-------------------------------------------------------------------------

昨年末にチェンナイに行った際、12月31日の夜、彼のドバイでのコンサート映像が放送されてました。

このコンサートをテレビで観ながら、私は2005年を迎えました。
ドバイのコンサートなので、タミル語の曲が少ない...とちょいと欲求不満でしたが(笑)、
年越しにラフマーンを観ながら、というのもなかなかゼイタクなひとときでした。

(余談:何故かニューイヤーを迎えた瞬間は、ホテルがブレーカーを落としたのか、テレビが消えてしまいました。
外では花火がドンドン鳴ってました。)

(余談その2:12月31日の夜、SUN TVではシャンカル監督・ラフマーン音楽の【Mudhalvan】(1999,Tamil)を放送してました。
ラフマーン尽くし、って感じですね!)

で、1月1日の夜、私のインドムービーダンスの師匠であるバラさんの実家におじゃまして、
テレビを観たら、KTVで、短い髪型のラフマーンが映っている!
どうやら、KTVの新春特別インタビューらしく、初めて、ラフマーンがタミル語でしゃべっているのを観ました!

シャイな彼だからか、少しくぐもった発音で、タミル人らしく早口。
タミル語万年初心者の私には、全く聞き取れませんでしたが...。
でもタミル語だというのははっきり分かりました。

やっぱりラフマーンもタミル人なのね!
タミルが誇る偉大な作曲家だ!エヘン! と自分はタミル人でもないのに誇らしく思っちゃいました(笑)。

なんかすごくうれしかったので、デジカメでたくさんテレビの写真を撮ってしまいました。
ほとんどの写真はどこかが暗く写ってしまっているのですが、今日のこの写真だけはなんとか公開できるレベルかな?

インタビューの間、ラフマーンが自宅スタジオでピアノを弾く場面もありました。
録画できなくて、残念...。

ブログ村に参加しています★

↓ブログ村に参加しています。よろしければ、1クリックお願いします。励みになります♪
にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

-Celebrity / インド映画界の人々の話
-, , , ,