ラジニニューススクラップ 2002 October

NO IMAGE

わなっかん!
ラジニカーントのニュース、web拾い読みの2002年10月版です。
 今月は、先月からずっと続いている、カルナータカ州とタミルナードゥ州の川の水利権についての争いごとに、ラジニを含むたくさんのタミル俳優が巻き込まれて、抗議集会やハンガーストライキなどの報道が洪水のように溢れてました。

※私は、政治問題は詳しくないし、ココは映画のホームページなので、この一連の報道の中でごく一部だけ、備忘記録程度に記事をとりあげることにしました。


水利権争いの簡単な経緯

 チェンナイを含むタミルは、例年深刻な水不足で、川の水を重要な水源にしていたが、川の上流にあるカルナータカでも同じ川の水を重要な水源にしていました。

 カルナータカで水をたくさん使われると、下流のタミルまで流れてくるまでに水がなくなってしまうので、「川の水はタミルでも使う権利があるんだ!」とタミル側は主張するし、カルナータカはカルナータカで、「自分のところを流れている水を使って何が悪い!」と長年いがみ合いが続いてきたのです。(これが水利権争い)

 州レベルでの協議では解決せず、国家レベルで仲裁に入ってもらうようにもなり、国に「タミルにも水を使わせてあげなさい」と指導されていたのですが、最近カルナータカ側は、その指導を無視して川の水をせき止め、タミルにまで水をまわさなかった。

 で、両州のいがみ合いが大爆発し、カルナータカ出身でタミルでスーパースターになったラジニもいろいろ仲裁のために尽力し、今月12日には、チェンナイでラジニが主宰でハンガーストライキも行われた模様です。

タミル映画俳優の政党参加について

 簡単に、私が当時現地で聞いた情報の範囲で付記しておきます。英文記事等読む際のちょっとしたご参考にどうぞ。(ただし、間違ってても、責任もちませんよ~)

ラジニ:特定の政党を基本的に支持するような活動はもともとしていません。

ジャヤラリター(当時の州首相)と相性が悪いのは確かなようで、彼女の首相選挙の際に、対立候補のいる政党を応援する、ということはありましたが、彼女が政権についている間は、彼女を表立って批判する、とかいう態度はとっていません。



ジャヤラリター:元女優のAIADMKの党首。タミルの偉大な俳優であり、州首相にもなったMGRの愛人だったことから、MGRの亡き後、1991年には、MGRと同じく州首相に。ラジニ邸のごくごく近所に住んでいる。

 タミルの庶民に「あんまー」の愛称で絶大な人気を誇る彼女ではあるが、汚職や賄賂疑惑も常につきまとい、(選挙前になると貧民街で生活物資を配って売名行為をしている、とかいろいろ言われてます)そういった彼女を「嫌い」、という人ももちろん多い。



政党AIADMK(All India Anna Dravida Munnetra Kazhagam)~政党DMKから派生独立した政党~

政党DMK(Dravida Munnetra Kazhagam):

AIADMKとDMKは対立関係にあり、この近年は、何年かごとに両党で政権交代しているような状況。



ナポレオンとサラットクマール:ラジニより少し下の年代の大物俳優のお二人。この二人は俳優と政治活動を両立しており、二人とも、DMKに所属。若手の政治的リーダーとして、将来を期待されている。

また、タミル俳優連盟~SIFAA(South Indian Film Actors Assosiation)~の副会長でもあり、7月の出稼ぎコンサート【Tamil Mega Star Nite】でも、幹事としてとにかくいろいろな人を世話しまくってました。



ヴィジャイヤカーント:ラジニのライバルの大物俳優であり、「キャプテン」の愛称どおり、SIFAAの会長。

個人的に慈善活動等を勢力的に行っています。が、マスコミによくAIADMKに所属、と報じられるものの、特定の政党活動等は実際は行っていない、とのことです。(これについては、ナポレオンさんから聞きました)

よって、対立政党のサラットクマールと関係が上手くいっていない、などという報道は、根拠がありません。



10.26, 1:30 PM (Yahoo!India—hansazone)
Rajini closer to entering politics! ラジニ、政治家の道に近付く
Buzz has it that Rajinikanth is invovled in bringing about a new poltical front. Shatrugan Sinha who flew into meet Murosoli Maran, the ailing DMK Union minister, had a round of talks with Rajinikanth.

The Tamil superstar has apparently asked Shatrugan to get the BJP national excutive to give the State unit permission to support the alliance that Rajini has in mind.

The DMK supremo has agreed to support the alliance and not stake a claim for Chief Ministership in case it wins power. This move will solve the DMK’s sucession struggle. The choice has veered down to P Chidambaram as the candidate for CM.

The Cong (I) and other parties will unite against the AIADMK. Rajinikanth will be the king maker like Kamaraj and stay away from ministerial posts. Now its upto Sinha to convince his party elders to support Rajini.

Political circles say that Jayalalithaa’s ordinance on conversion ban was a move to bag the hindu votes in case the BJP opts for anti AIADMK alliance.
10.25Screen
Rajnikant clarifies standタミルとカルナータカの水利権争い
Rajnikant, after the debacle of Baba, had to face the wrath of Bharathiraja for refusing to join the Tamil film industry rally in Neyveli in support of Tamil Nadu’s stance on the Cauvery water dispute. Bharathiraja, along with other film trade and technicians bodies, had grouped under the Tamil protection force of Tamil artistes banner and decided to stage a rally in Neyveli. The choice of venue was to impress upon the Union ministry, the Stateユs stance on the issue and also because Neyveli power station supplies power to Karnataka. Bharathiraja threatened to block the station and stop power to Karnataka.

Rajnikant rejected the call by Bharathiraja and asked for a reconsideration of the protest. Soon after, he left for Delhi and Hrishikesh. On his return to Chennai, he found that he had been termed as a Kannadiga, supporting Karnataka the place where he grew up. His Tamil leanings were questioned. This was because in every film, Rajnikant delved on his love for Tamil and Tamil Nadu.

An angry Rajnikant met the media to clear the doubts. He said that he had only asked for a change in the venue and not to reconsider the whole agitation itself. “Eight of the ten persons who spoke at the Nadigar Sangham meeting were in support of my view. If the purpose is to impress the Union Government then it is enough that we present a memorandum to the Governor. What if something untoward happens in Neyveli? Has anyone thought about the 40 lakh Tamils living in Karnataka? Will anybody be able to stop power from Neyveli? Some people are only twisting what I said. I will face them during the coming elections,” was Rajni’s answer which was interpreted as his first step to entering politics.

Rajnikant was hurt that his identity was being questioned. “When I am in Chennai you say I am a Kannadiga and in Karnataka, I am a Tamilian. If I go to Maharashtra where I was born then I am a Madrasi. Tell me, where then should I go? Just because my last film did not do well, does it mean all the fame and glory acquired in the 27 years of my film career is lost?” pondered the superstar.
Though Rajnikant appeared to be isolated in filmdom on the cauvery issue, many intellectuals have hailed him as the only sane voice in the mob.

 
怒りに満ちたラジニカーントは、報道陣に対し、疑惑に答えた。
 :
「私がチェンナイにいるときは、きみたちは私がカンナダ人だと言い、私がカルナータカにいるときは、タミル人だと言われる。私が生まれたマハーラーシュートラに行けば、マドラシ(マドラスっ子?)と言われる。
それでは、いったい私はどこに行ったらいいんだね?
確かに、私の最新作【BABA】は大成功ではなかったが、だからといって、27年間の私のキャリアが水の泡だとでも言うのかい?」

この月は、ラジニカーントがネイティブなタミル人ではなく、喧嘩している二つの州のどちらにも深く関わりがあることから、ラジニの行動にマスコミが大注目することになりました。
それでは、わなっかん!Rajni ページ Top >> Rajniニュース Top

Celebrity / インド映画界の人々の話カテゴリの最新記事