ジャズのライヴハウスに行く

M部長の息子さんが、セミプロでドラムをやっていて、M部長とジャズ好きのK君、Mさんで、息子さんが出演しているという、「井出慎二セプテット」のライヴを、赤坂B FLATってところに観に行った。

実はジャズを聴きに行くのは、生まれてから3回目で、しかも、今まで行った2回とも、おもしろくなかったので、楽しみな反面、どうかなあ、と不安もあったのだけど、いやいや実に楽しかった。

その出演グループのみなさん、みんな20代で、すごく一生懸命演奏していて、しかも楽しそうで、観ていてとってもキモチいいのよ。

30代になってしまったオバサンの私としては、みんな「きゃわいい〜♪」し、元気をラジニ以外の方々から久々に頂いた、という感じ!
見回すと、たぶん同じように元気をもらいに来た?と思われるおじさん、おばさんがたくさんいた。

「一生懸命」ってやっぱり大事!
と改めて思いました。
ジャズは普段全く聴かないけれど、こういうライヴなら、また観たいな!