仕事で三島に行く

三島法務局に午後行ってきた。
新幹線こだま号に久しぶりに乗った。
学生時代、東海道新幹線の車内販売のバイトを三年半やっていた私は、今でも新幹線に乗るとウキウキする。
ウキウキしてる割には、車内で寝ている時間は長いんだが...

自分がバイトしていたのは10年くらい前の話。
(のぞみ号がデビューした直後までバイトしてた)
車両とか、結構変わったなあ。
自由席にも足を載せる台(?)があって驚いた。
車内販売のモノの売り方は変わらないなあ。

三島法務局、駅から4〜5キロ、庁舎の近くをバスは通っていない、というところにある。
往復タクシーを使ったが、
「こうやって国民に余計な出費をさせる立地に庁舎を作るなんて、法務省はひどいよなあ。タクシー会社が儲かるだけじゃん。(でも、タクシー会社も儲かるまでには至ってないようだが)」
と思っていたら、帰りにひろったタクシーのおじさんが、
「なんでこんな不便なところにお役所作るんだろうねえ!市役所とか裁判所とかは駅から歩けるところにあるのにさあ。お金かかっちゃって大変だよね〜」
そうそうそうそう、そうなのよ!

地元の、しかもタクシーの運ちゃんにそう言ってもらって、胸のつかえがとれた。