【Kandukondain Kandukondain】を見る。

マックのインターネット・エクスプローラーになんだか合点がいかなくて、突然ネットスケープをダウンロードしてみた。
しかし、どうも使い勝手が分からないなあ...IEと同様、どうやってタミル語フォントで画面表示できるかが分からない〜!(ウィンドウズのIEは分かったんだけど)

ってことで、パソコンをいじりまくってました。(年賀状、まだ書いてない...1日になりそうだな。)

夜、昨日に続き、タミル語映画DVD鑑賞。
今日の作品:【Kandukondain Kandukondain】2000年
出演:アジット・クマール、マンムーティ、アッバース、アイシュワリヤー・ラーイ、タブー、ラグヴァラン

いろいろな日本のサイトでもこの作品はよく紹介されていますが、ラグ目当てで大分前に買って、寝っ転がって見てたらそのまま寝てしまい、それ以来見ていなかったものです。おもしろくないから見てなかった、という訳じゃないんだけど。
ラグがさりげなくタブーを応援してあげる社長役!ステキ!
アジット、かっこいいね。でも、昨日見たアルジュンの方が私には好みかもしんない。
アイシュワリヤーの相手が最初アッバース、最後はマンムーティ...。マンムーティ、マラヤラム映画の大スターらしいけど、ルックス的にどうしてなのかよく分かりません。 でも、最後アイシュワリヤをテレながら抱き締めるシーンはジーンと来ました。

アイシュワリヤーはかわいいです。でも、私って完璧な人はそんなに興味湧かないのよね。歌手でもマライヤ・キャリー系の人は興味ないもん。マドンナ好きだし。

ということで、音楽もいい感じだし、ステキなメロドラマでございました。
オススメな作品でしょうね。