[本]ナトゥ踊る!ニンジャ伝説


月曜の夜、1年前の引越し後、放置状態だった本の山をちょっと整理してみようか、とインド映画系の本を見てたら、この本が出てきました。
入手してたくせに、実は一度も開いて読んだことがなく、しまいこんでたものです。

日本テレビ「ウッチャンナンチャンのウリナリ!」という番組の中から生まれた企画モノの日印合作映画だった、
【ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説】

2000年の公開当時、せっかくのタミルロケ作品ながら、台詞部分が全編日本語吹き替えだったとか
もったいない(?)点も多々あり、インド映画ファンにはさほど注目されることもなく終わってしまった映画ではありましたが...。

でも、私、公開初日初回を観に行って、それなりに楽しんだんですけどね。
私が初めてインドに行ったとき、ちょうどこの映画の撮影初日現場を通ったんです。
ナンチャンは見えなかったけど、天山が演じてるところをちょっぴり見たんです。
それで興味を持って、映画公開を待ってたわけなんですが。

さて、この映画のメイキング本である、「ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説 フォトストーリー&メイキングBOOK」
これが、今日、朝の電車の中や昼休みに読んでみたら、結構おもしろいんだ!


今さらながら、私的にこの映画で興味ぶかい点。

●私がインドムービーダンスを習っている(&習った)、ニラ&バラが振付&出演している
●この映画の公開後に別件でやりとりしたことがある、Lavanya(ラーヴァンヤー)ちゃんが、実はこの映画でも脇役出演していた
(今日、本を読んでてやっと気がついた。いまごろ...)
ラーヴァンヤーちゃんは、ラジニカーントの【パダヤッパ】でも、割と重要な役どころで出演していたし、日本でも多少顔になじみがあるんではないかな。
●日本の名優宍戸錠が、わざわざクソ暑いインド、しかもマハーバリブラムの世界遺産(海岸寺院&バターボール)で暑苦しいニンジャの格好をして熱演している
(彼をそこまで駆り立てたものは、なんだったんだ! 
しかし、この映画で宍戸錠が以後気になりだした私は、今年も、杉本彩主演のSM映画【花と蛇2〜パリ/静子】を映画館まで観に行ってしまった。笑)

メイキング本をめくっていたら、ロケ地が結構きちんと記されてる。
(インドに行ったら、行こうと思えばこの映画のロケ地めぐりができるということである)
撮影時のランチの写真とか載ってて、
ワダ、イドゥリ、チャトニとか、ちゃーんと現地南インド仕様な食べ物が写っているんである。
じゅる、うまそう...。
ロケは3週間続いたと聞いているけど、じゃあナンチャンたちは、3週間、毎日この素敵な南インドごはんを食べてたんですね?
いいなあ。(その後、南インド料理ファンになった日本人スタッフはいないのかな???)
ニラ&バラの撮影時のインタビューも載ってる。インド映画は普通こんなふうに撮影する、というようなコメント群は結構興味深い。

惜しむらくは、宍戸錠のインタビューが載ってないことだ。
なぜ、こんな映画に出演したのか。ニンジャの格好をしたかったのか、インドに行ってみたかったのか...

日本でのインド映画ブームが沈静化している今、日本語で読めるインド映画関係の資料って案外少ないもの。
もう絶版な本ですが、もしみなさん興味あったら中古本等で探してみてくださいね!
(これ書いてる今日は、amazonのマーケットプレイスの方には出品されてるみたいです)

バラ組のみなさんには、今度スタジオででも、本をお見せしますネ。