【満員御礼】南インド・タミル映画オフ会のお知らせ

にほんブログ村 映画ブログ アジア映画へ

(※このオフ会は終了しました。)

わなっかん♪
お待たせいたしました!南インド・タミル映画を観て参加者の皆さんでおしゃべりしながら、インドのお祭り・ディーパーヴァリ(ディワーリ)をお祝いしよう♪というオフ会を開催いたします。

■第20回ヴィジャイオフ・ディーパバリスペシャル

日時:2010年11月7日(日)午後1:00開場 1:30開始、6:00頃終了

なお、以下、映画の説明でございます。 (text by ダーリン。ありがとうっ。)

●●●

涼しい季節到来。あの暑さはいったい何だったのだろうと思うぐらい、寒くなってまいりました。

季節は寒くなれど、

この男からほとばしる燃えるようなオーラ、
一睨みで悪人も改心してしまう鋭い眼光!
女性はその男に説教されるとイチコロとなってしまう...

その男とは!

Vijayです!

先だって、Thirumalaiを上映しまして、大好評でしたが、それに匹敵するぐらいの作品をお届けします。

上映する日は、時期的にディーパバリ(*)。

その祭りでは爆竹やら花火やらでド派手に祝うのですが、そこで使用される爆竹や花火の多くは、この映画のタイトルにもなっているSivakasiで生産されています。

そして映画の中でも、花火が重要なアイテムとなっております。
Vijay自身も花火のように爆発した演技を見せてくれます。
映画自体も2005年のディーパバリ公開で大ヒットでした。

脇を固める出演者も、ヒロインのアシンも素晴らしく、プラカシュラージその他、コメディ役のvijayの仲間達もまたいい感じです。

ストーリーもここ最近のようなバイオレンス中心といった感じではなく、恋愛、コメディ、アクション、家族愛…全ての要素がうまい具合にまとまっていて、観終わった後に心地良い爽快感があります。
まさに必見です。


(*)ディーパバリ(光の祭り) ヒンディーではディワーリ
毎年、10〜11月の新月に祝う祭り。
ナラカースヴァランという魔人が死ぬとき「この日を楽しく祝ってください」といったので、
爆竹やら花火やらド派手に祝った。