行ってきます♪

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ

会社を定時ちょっと過ぎにあがって、でもフライトは23時55分発だから家に帰ってご飯食べてお風呂はいるのも余裕だな、と思いつつ家に帰り、ウェブチェックインを19時前に済ませた。

ら。。。
「荷物を預ける際は3時間45分前までに来てください」というような英文表示が。

な、なに!?

その時間に着くには、あと2〜30分後に出ないといけないのであった。
国際線は2時間前、と思い込んでいたので、泡くいながらお風呂入ってご飯食べて40分後に家を出た。

そして3時間30分前に着いたら、まだチェックインさえ始っていなかった。。。
(着いた20分後に開始)

…….。(脱力)

ま、そのおかげで時間ができて下の動画を見たり、この日記が書けたりするんですけどね。

チェンナイ・ウダヤム劇場でのヴィジャイ新作【Jilla】初回上映前にお祭り騒ぎの中、映画フィルムが搬入され、儀式(プージャ)が行われるところ



ヴィジャイがその場にいるわけでもないのに、映画館一帯が狂喜乱舞してる。
ヴィジャイ看板の数がすごい。
看板にミルクかけてる人もいる。

着飾った象さんがフィルム缶の入った箱を運んで、これまた着飾った馬車にバトンタッチ。
馬車とともに楽隊が大行進。フィルム缶の映画館入りを踊ったり缶にタッチしながら見送る人々。

世の中、デジタル上映が主流になっているけども、ウダヤム劇場での光景はまさに、フィルムならではの情緒な世界だ。
ウダヤムでは、フィルムで見られるのねえ。(マレーシアでは、本作はどうやら、全てデジタル上映)

くぅ〜。

こういうの見ちゃうと、やっぱインドで観たかった、って思うね。

でも、動画を見る限り、男子・男子・男子。。。

男子・男子・男子。。。

男子・男子・男子。。。

(この場合、それを見たい女性や子どもは、どうしてるんだろう???)

●●●

何はともあれ、タミルの収穫祭・ポンガルに合わせて、マレーシア・クアラルンプール(KL)にこれから出発です☆
そして、ポンガル公開のヴィジャイ&モーハンラール主演の新作、昨秋に京都・鳥取でもソングシーンがロケ撮影された、あの【Jilla】(ジラ/ジッラー)を観ます!

行ってきます♪