【Amarkkalam】後半。アジットがまだラッキースターだった頃

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ

【Amarkalam】後半見終わった。
どう見ても、ローヒニ出てなかったー。
オープニングのクレジットを一時停止して見直したけど、見当たらないし。
wikiまちがいかな。
でも、そもそも公開された1999年は、ローヒニはラグ様とのおこちゃまを産んでまだ間もなくて、映画界ばりばりに休業中の頃じゃないか、出てる方がおかしいよなあ。
(そう思いながらも、1999年にラグとローヒニが共演してる映画があったらステキだな、なんて淡い期待もしちゃったよ)

●●●

と書いたけども、映画に見入ってたので、最後まで観た後に、ローヒニ出てたっけ?って思い出した。おもしろかった!
【Mudhalvan】と同じ年にリリースされたということを思うと、ラグ様の才能をちょい無駄遣いしてるような(=ラグの見せ場が足りない。笑)作品だったよアマルッカラム。
でも、ほとんどラグ様出ずっぱりなので、これはこれで萌えだ。

この映画でのアジットの冠クレジットは、「LUCKY STAR」なのね。
今は「Thala」(タラ)と呼ばれてるけど、いつから変わったんだろ。
15年前のアジットは、細くて、いかにも若造っぽいけどやっぱり妙に色気があって、ダレずに萌え続けて見終えました。

アジットは親から虐待されて育ち、家を飛び出してやさぐれながら町の映画館の中で居候してる影のある青年役。
映画関係者一家出身でない叩き上げのアジットの雰囲気に、合ってたかも。

そのうち、ちゃんと感想ページをアップしよう。

●●●

昨日注文したDVD、半日後には「発送しました」メールが!
すごい仕事が速くてびっくりだ。
あとは、ブツが違うものだったとかありがちなインドクオリティじゃなく無事に届くのを祈るばかり♪

ブツが届く前に時間があったら、次はカマルハーサンの【Virumaandi】(2004年、ローヒニが女優復帰した時の作品。)観るぞー!