会社の人と映画談義、そして【ムトゥ踊るマハラジャ】と私

今日は会社で月例会議、その後会議メンバーでの会食。

一緒のテーブルだった人たちの間でなぜか最後に映画の話になり、
最近観た映画は何?という話(みんな子持ちのためか【ベイマックス】、【妖怪ウォッチ】だったりした!)とか、
【スラムドッグ・ミリオネア】はいい映画だったねーとか、
クリント・イーストウッド監督はいいねー、【ジャージー・ボーイズ】は観た?とか、
私が初めて自分でもらったサインって、三國連太郎だったんですよ、とか、
そして一番好きな映画は何?ということになって、私は即答で【ムトゥ 踊るマハラジャ】。(ちなみに邦画では【生きる】で志村喬ファンです♪ って話までしたw)

リストラでちょっと人間不信ぎみになって家にひきこもってた時期に、
なんとなくムトゥ観に行ったら元気になって、就職活動して、
今ココの会社に入ったんですよーって会社の人に言ったのは、そういえば初めてだ☆

「映画でそれだけ元気になることもあるんだねえ」って頷かれた。

そうなんだよね、映画は娯楽だけども、時には人生の転機にさえなることだってあるんだよね!
ムトゥさまさまですよ!

おかげさまで紆余曲折ありながらも、10数年勤めさせていただいてますわー。
ありがたや、ありがたや♪