水面下でサイトの修正に日々取り組んでいます

MT6.1、デザインテーマをレスポンシブデザインの「Rainier」にして、不具合修正の日々です。

ここ数日、直せなくて困ってたこと。
今までブログをphpで運用していたのに、カテゴリ別の記事リストが投稿件数が多い場合に何件か毎にページ分割になるのはいいが、次のページのリンクを押すと、英文で「このアーカイブはphpは使えません」と出てエラーとなること。

たとえば、あと2週間後にはポールが来日することだし、ポールについての日記が今221件あるのを、暇なときに昔のやつとか歴史を辿るように読み返したくなるかもしれない(2002年の来日時の頃の日記も読めるしね)。
だけどこのままでは、カテゴリ記事リストページで最新の20件とかしかたどれず、それより昔のはエラーが出て見られない、ということで。とても不便だ。

ブログをhtml出力に変更すると、記事のアドレスが総て変わっちゃうので、いろんなページでリンク切れが起こるの必須だし。
htmlよりphpのほうが便利だというから以前変更して、ちまちまちまちま、リンク切れを直す日々を送っていたのに、何をいまさらhtmlに戻れというのだ。

ブログの出力をデフォルトでphpに指定しておいて、カテゴリアーカイブの出力だけhtmlに指定できないかあれこれいじってみたけど、うまくいかない。

じゃあ、MT3時代にさんざんお世話になっていたページ分割のプラグイン「PageBute」を使ってみよう...といじってみたら、MT6用の最新版はいろいろ仕様が変わったようで、これまた思うような記事リストにならないぃ。

●●●

へとへとになったところで、やっと手がかりをみつけた!

PHPページでもページング分割機能を有功にする

↑ mt-config.cgiに「SearchAlwaysAllowTemplateID 1」の一行を追加することでphpでも動かせるようになる、とのこと。

で、動きました。涙でそうです、大げさじゃなく(笑)
この一行のために、1週間以上検索魔になっていたのだ...

ありがたやありがたやー!
(でも記述内容の意味は、さっぱり理解できていない。。。)

これで一安心、【インド・オブ・ザ・デッド】の感想も落ち着いて書ける!(かもしれない)