Little India / インド人街の話

ジョホール・バルのインド人街[2017年秋]

2017/11/28

[シンガポールに行ってきました 2017年秋 2]

近年、シンガポールに来るときは、だいたいセットにしてお出かけしているジョホール・バル(JB)。
マレーシアに国境を超えていくというのもちょっとしたロマンだけれども、物価が安いのと、シンガポールでNC15(15歳以下の子供鑑賞禁止)の映画でもマレーシアだったらPG12(保護者同伴なら12歳以下でも鑑賞可)だったりして、子連れインド映画鑑賞旅行だと、JBに行くことを考慮しておくのは、重要なのであります。
(昨年も、【カバーリ】がシンガポールで子連れで鑑賞不可だったので、シンガポールに着いたらJBへすぐ向かい、一泊した。)
シンガポールとマレーシアで検閲の基準が違うので、インド映画がカットされるシーンもそれぞれで違う。その辺を見比べるのもそれなりに楽しい。
(かつて、昼にJB、夜にシンガポールで【Villu】を観るという、現地滞在24時間以下のひとり弾丸ツアーを実施したこともありましたw)

ジョーホール・バル 2017 (2017.11.4 土曜)

今回は、行きに渋滞で4時間もかかった。(最初のバス停での待ち時間も入れれば、5時間近い。いつもだいたい1時間半前後なのに〜)すごく時間をロスして、炎天下でくたくた。
あまりに渋滞していたので、ちょっとやってみたいと思っていた、「橋を自力で歩いて渡って、徒歩でシンガポールを出国・徒歩でマレーシアに入国」を実行。橋を渡っている間は、たぶんバスや車に乗るより、早く到着できたと思う。(バス乗るのも大行列だしなかなか来ないしで、難儀していたからな〜)
くたくたなりに、私は楽しかったんですけど、土日の日中に国境越えをするのは、今後はもうちょっと考えてから実行すべきかも。
(余裕があれば、別途JBへの国境越えの方法について備忘録書こうかな)

●●●

しかもJBのリトルインディア内の「ブロードウェイ劇場」でMersal観る気まんまんだったのに、辿り着いてみたら、新作封切りだからMersalはもう上映しないよ、とな!まだ2週間しか経ってないのに。(マレーシアのチャートで1週目1位、2週目2位の大ヒット中、のはずなのに)JBでは不入りなのかね! キエエエエエエエエー!
(メルサル映画館ばなしは、また別途エントリーで)

ごはんはJB行くとほぼ必ず行くお気に入りの「Resotan Muthu」へ。相変わらずタミル系のラッサムがウマい。 それからスラー・プットゥが今回めちゃくちゃおいしい♪
(ごはん系はまた別途エントリーで)

ミールス食べて一息ついて、気をとりなおして、リトルインディアをチェックしますかね。

ジョホール・バルのランドマーク的なお寺
Arulmigu Rajamariamman Devasthanam Temple

シンガポールのインド寺院と較べると、ちょっと白っぽいお寺です。 今回は時間なくて中に入らなかったけど、中に入ると都会の喧騒を離れた別世界のような空間で、素敵なんですよね〜。 前、何だか分からないまま僧侶に手招きされて祈祷もしてもらったことがあります。

このお寺の前の通り沿い(Jalan Ungku Puan)とお寺に向かっていく道(Jalan Trus)に、お参り用の花だったり、雑貨店がちょこちょこと立っている。

インド映画DVDを売っているお店が、この小さいエリアながら以前から4〜5軒あります。
今回はどこも品揃えがショボくて、この1〜2年の映画についてはほぼ全部海賊盤(コピーもの)のようだった。愕然。
町中、メルサルの曲ががんがんに流れていたりするのに、サントラCDが全く売ってない;;;
(パチものの、MP3コンピレーション盤などなら、あるにはある...)
【Bairavaa】のDVDが売っているだろうと予想していたのに、全くない(海賊盤なら、あるにはある...)

昨年7月末に来たときは、かなりウハウハとタミル映画(マレーシア製の正規盤)DVDが、シンガポールよりも安く買えて天国状態だったんですけども...
前もほんとに海賊版と旧作しかなくて、CD屋はつぶれるだけの運命なのかしら...と思っていたのが、次に来たときには新作DVDやサントラCDが復活していたこともあったので、この情勢が一時的なものであって打破されていくことを願うばかりです。

JBで売っていたインド映画スターマグネット

失望感でモチベーションもすっかり無くしたけれどせっかくなので、何か映画グッズでも物色。

お寺の向かいの雑貨店の店頭に、映画スターのマグネットが。
ヒンディー映画スターものが多いみたいですね。
タミルはシヴァーカールティケーヤンとか何人か。

3個で10リンギット。 1個100円見当。


タミル映画スターのパスポートカバー

こちらはパスポートカバー。
タミル映画スターですよっ。
ラジニの【カバーリ】【ロボット】のものが多く、他に、スーリヤ、ダヌシュ、ヴィクラム、アジット、カマルハーサン、MGRなど! 女優はナヤンターラーとか...

ヒンディーはシャールクカーン。
一つ10リンギット。 約300円。
マレーシア製。マットな質感の印刷。

あの...ヴィジャイがないんですけど...

どうやら売れ切れらしい。

あとでJBセントラルのイミグレーション近くの雑貨屋で、このパスポートカバーを発見、ヴィジャイの【メルサル】も見つけた! でもこっちでは13リンギット(リトルインディアより3割も高いということだ;;;)で値引き不可だった。 なんかビミョーなので今回はパス。 もうラジニ買っちゃったしね。

店内に、おさるのかみさま

むすこが記念撮影をせがんだ神様(ハヌマーン)。 雑貨店内にこんな大きな神様が鎮座してるのは、なかなかのインパクト!
ここの店頭に、スターのマグネットやパスポートカバーが売られてました。

むすこが、今回の旅で、いろんなお寺(中国寺院でもインド寺院でも、小さな祠でも)にいちいち反応し、どんな神様であれ、敬う仕草をしていたのには驚き。特に教えているわけでもなかったので、むすこの成長ぶりに感激している親バカなのでありました☆

カリーナ・カプール!

JBでメルサルやっていないなら、さっさとシンガポールに帰って、夜の回に観に行くわよ!と家族で鼻息荒くJBのリトルインディアを後にしました。
今回は肩透かし感が濃かったけれども、ムットゥのラッサムが飲めたし、徒歩の国境越えなど、想い出になりそうな体験もできました。楽しかったです。
また来まーす!

JBからシンガポールへは、バス利用で想定内の1時間半弱で戻ってこられました。

ブログ村に参加しています★

↓ブログ村に参加しています。よろしければ、1クリックお願いします。励みになります♪
にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

-Little India / インド人街の話
-, , ,