世界フィギュア’08(2)

どんどん日が過ぎていくけど、フィギュアの感想を今更だけど書いとこ。
(来年の世界フィギュアの頃にきっと、読み返すだろうから〜)

女子シングル

わたくし的には、中野友加里ちゃんのド根性のノーミス演技に一番惚れました。
トリプルアクセルで転んだ後にめげずにその後すごい演技をした真央ちゃんにも感動したけど、あの真央ちゃんのフリー演技のすぐ後で、あんな友加里ちゃんの滑りは、すごすぎました。
絶対メダル獲れると思ったのに、点数伸びなかったのは残念。

友加里ちゃんの去年のフリーのプログラム「シンデレラ」が結構お気に入りで、あの清楚な、それでいて凛としたきれいな笑顔で滑る姿に惚れててそれから地味に応援してるんですけど、今年は「ド根性度」がぐわっと増しましたなあ。衣裳は情熱的な派手な蛍光色系だし。
あの色着たら、普通の人だったらほとんどの人が服に負けちゃうと思うけど、友加里ちゃんは違ったな。

あと、キム・ヨナもよかった。
来年はサーシャ・コーエンが復活してくれるといいな!


そういえば、今年はインドの選手、エントリーしてなかったな。去年出てたアミ・パレックちゃんはどうしたんだろ?


アイスダンス

リード姉弟のカップルさんさあ、日本の枠で出場するなら、日本のテレビでコメントするときぐらい日本語しゃべろうよ〜。

それにしても、なんでアイスダンスのフリーは、地上波での放送が(リード組を含む)3組だけなのさ!
上位5組ぐらいは見せてよー!
これじゃ感想がほとんど書けん!

とりあえず、トリノや去年の世界選手権のときより、エロエロな雰囲気でいてものすごくかっこいいカップルが減った気がする...。
ナフカ-カストロマノフ組みたいなカップルの登場を望む。

ペア

去年優勝した中国のペアがめちゃくちゃすごかったから、今年はちょっとばかり見応えがなかったかな。
でも、川口・スミルノフ組のペアは手に汗握って見ました。
まだ不安定だけど伸び盛りという感じ。


ということで、今年もフィギュアスケートにハマってます♪