Celebrity / インド映画界の人々の話

ラジニニューススクラップ 2001 November

2016/09/08

わなっかん!
ラジニカーントのニュース、web拾い読みの2001年11月版です。

2001.Nov.30
 Balchander's 125th film should be my swan song - Rajanikant Screen

It was an occasion for the sishya's of K Balchander (KB) to pay him their gratitudes. The release of Parthalay Paravasham, the 100th film of KB made this possible.
At the opening premiere of the film, the director's legendary discoveries Kamal Haasan and Rajanikant along with directors Suresh Krissna, Sharan, Vasanth and Amirjaan were present to felicitate him. Rajanikant, back after the ayurvedic treatment from Kerala, along with Kamal Haasan walked up to the podium and gave KB a bouquet on behalf of all the sishyas. Kamal Haasan preferred to keep mum and instead gave Rajanikant the mike to speak. Rajanikant, who spoke, said that in 38 years, KB had introduced to many artistes and directors. He has seen many come and go.
"He cannot be shaken and is a Bishmacharya of the filmdom.
Above all this, he is a good husband, an ideal father and a dutiful citizen. These achievements are most important than anything else. It's my ambition that I to act in his 125th film and that will be my swan song."

The next day in all the leading dailies an open letter from Kamal Haasan to KB was published.
It said, "At the function when myself and Rajanikant walked hand in hand towards the podium, I could hear the roaring applause.
You gave the two youths who roamed the streets of Alwarpet (a suburb in Chennai where Rajanikant and Kamal Haasan come from) the first chance for the applause. When I came on stage and touched your feet and rose up, my throat went dry. My heart was full of happiness. My eyes were dimming. When I was given the mike I could not speak out of emotion. I had to request my friend Rajanikant to speak. My thanks to him. He too spoke his heart out. A person, whom you discovered at the age of 19, I still remain lost for words to wish you. I wish you a long life. What shall I sign off as - as your student or your son? I am both to you."

【バーラチャンダル監督の125作目の映画が、私の最後の作品だ~ラジニカーント】

 K.バーラチャンダル監督(KB)の100作目の映画『Parthalay
Paravasham
』の公開は、KBの弟子であるラジニがKBに賛辞を送る絶好の機会となりました。(訳註:ラジニは、KBにスカウトされ、彼が監督した『世にも奇妙なラーガ/Apoorva
Ragangal』にてデビュー。)
 KB監督が発掘した伝説的人物、カマルハーサンとラジニカーントは、スレーシュ・クリシュナ、Sharan、VasanthおよびAmirjaanといった監督たちと一緒に、このフィルムのプレミア公開に出席して、祝辞を述べました。

 アーユルベーダ療法を受けに行っていたケララから戻ってきたラジニカーントは、 カマルハーサンと壇上にあがると、すべてのKB信仰者を代表して、花束をKBに渡しました。カマルハーサンは、何も語らずにその代り、ラジニカーントにマイクを渡し、ラジニカーントは次のように語りました。
 「この38年で、KBが多くの芸能人および監督を世の中に送りだしてきており、 映画界に出入りする多くの人々を見てきました。
彼は一貫して映画界のBishmacharyaでした。 しかし何よりもまず、彼はよき夫であり、理想的父親あり、そして従順な市民でした。
これらのことは、他のいかなる業績よりも素晴らしいことです。 私は彼の125番めのフィルムに出演し、それでもって引退したいです。」

 翌日、すべての主要な日刊紙で、カマルハーサンからKBへの手紙が発表されました。
それは、「プレミアでは、私とラジニカーントが演壇の方へ歩いた時、私は大きな喝采を聞くことができました。
 Alwarpet(チェンナイの住宅地で、ラジニカーントとカマルハーサンがかつていた)の通りを歩き回っていた2人の若者に、喝采を受ける最初のチャンスをあなたはくださいました。
私がステージに上がり、あなたの足に触れて身体を上げた時(訳註:インドでは、目上の人に会うとき、まず自分の両手を相手の足に触れて敬意を表す)、私の喉はカラカラになりました。
私の心は幸福でいっぱいでした。 私の目は(涙で)かすんでしまいました。 私は、マイクを向けられた時、感極まって話すことができませんでした。
私は、(かわりに自分の分も)友達ラジニカーントに話してもらわねばなりませんでした。 彼に感謝します。 彼はちゃんとスピーチをしてくれた。

 あなたが世の中に送りだしてくれた19歳の若者(カマルハーサンのこと)は、あなたにまだ言い残していることがたくさんあります。
長生きしてくださいね。 (手紙の最後に)何といってサインしましょうか―あなたの生徒、それともあなたの息子として? 私は、あなたにとって両方です。」

「シネサウス」の下の記事に続き、「スクリーン」でも詳しい記事が載ったんですね~。カマルハーサンの監督へ宛てた感動的な手紙に、ラジニとの友情もにじんでいて、ジーンときちゃいます。KB+ラジニ+カマルの映画、作ってくれないかなあ?(2001.12.6)

2001.Nov. 27  Time to Rest, Eh Rajini? Cinesouth

rajni200111

Recently, at the function to mark the release of 'Parthale Paravasam'. Rajini spoke in honour of K.B. "KB should direct more and hit the 125th movie mark too. And, I would like to star in that movie. And I want that to be my last movie," he said amidst loud applause.
Rajini had expressed his desire to act in KB's 125th movie alright, but hasn't mentioned that he wants to do the lead role.
Because, however busy and fast KB works, he can't make more than 2 movies a year. On that scale, his 125th movie would happen in the year 2013. Maybe, just maybe, Rajini might not be donning the lead role in 2013.

Whatever it is, the fans will have to draw solace from the implication that Rajini is desirous to act for another 12 years.

【休息中、なんだよね、ラジニ?】

 最近、『Parthale Pravasam』(註:マーダヴァン、シムラン出演。音楽はA.R.ラフマーン)の公開記念式典で、ラジニが監督のK.B.(K.バーラチャンダル)を讃えてスピーチした。
 「K.B.は、もっともっと仕事をして、125作まで作るべきだ。(註:『Parthale Pravasam』はK.B.の100作目)私はその映画に出演したい。そして、それを私の最後の作品にしたい」と大きな拍手に包まれながらラジニはこのように言った。
 ラジニは、K.B.の125作目の映画に出演したいとは言ったけれども、主役をやりたいとまでは言わなかった。

 なぜなら、どんなに頑張って早くK.B.が仕事をしても、彼は一年に2本以上制作することはできない。このペースだと、彼の125作目は2013年になる。ことによると、ラジニは、2013年には主役をしていないかもしれない。
 どうであれ、ラジニがあと12年は引退しないとそれとなく示したことで、ファンはほっとしていることだろう。

この写真がその映画の初日のショットだとしたら、髪の毛最近染めたんですね~。人の目を意識しているということは、いよいよラジニも新作へ始動かな!?(2001.11.28)

2001.Nov. 
Rajnikanth Pudiya Padam  CinemaExpress

CinemaExpress
【ラジニカーントの新しい映画】

シネマ・エクスプレス誌は、タミル語&タミルフォントのため、ここに転載するのはやめておきます...(苦笑)
っていうか、ウィンドウズマシンにはタミルフォント表示、成功したんだけど、これを作成しているマックでは、まだやり方がわからないのだあ!

11月16日号のこの記事、タミル語講座の師匠に聞いたところ、以下のことを言っているらしいです。

信頼のおける筋からの情報
監督:シャンカル(『Mudhalvan』などの監督)

ヒロイン:アイシュワリヤー・ラーイ
新作発表が、ディーパーヴァリ(ディワーリ)が終わった後に行われるんじゃないか。

信頼のおける筋、って誰なんじゃあ?(インドの信頼のおける筋、なんてアテにはならんですよ~(笑))
タミル文字を見ていくと、K.S.ラヴィクマールやシムランの名前も見えるんですが、何が書いてあるんだか、さっぱりわかりません~。
とりあえず、左のラジニ、素敵なオジサマだわ♪(2001.11.28)

2001.Nov.
  S H A N T H I - M A D H A N Cinesouth

Cinesouth"Oh. So you don't know? Rajini's next movie is called 'Vairavel'." "What? Vairavel? Sounds like some Chiranjeevi's Tamil dubbed picture title". "It almost is a dubbed movie. Long time ago when you must have been a kid, Rajini acted in an English movie called 'Bloodstone'.
That is now being released under the name of 'Vairavel'.
"Eeeek. Dubbing movie? That will be a bore."

【シャンティ-マーダン対談 2001.11.13】

「ところでさあ。ラジニの次の映画は『Vairavel』って言うんだってさ。」
「え?『Vairavel』?まるで、チランジーヴィー(訳者註:テルグ映画のメガスター)のタミル語吹き替え映画のタイトルみたいだなあ」
「ほとんど吹き替えみたいなもんだよ。昔、きみが子供だったころさ、ラジニは『ブラッドストーン』(1988年作品。邦題:インディアナアドペンチャー ブラッドストーンの謎)っていう英語の映画に出てたんだ。それが今Vairavel』って名前でリリースされるんだよ。」

「ふ~ん、吹き替えかあ。つまんないなあ。」

なぜ、今さら「ブラッドストーン」がタミル語吹き替えでリリース?(2001.11.20)

2001.Nov.16
 Rajanikant undergoes ayurveda treatment in Kerala Screen

5.gifRajanikant, accompanied by Telugu actor Mohan Babu and a friend, underwent ayurveda treatment for rejuvenation at an ayurvedic center in Peringad (Kerala). Mohanlal, who underwent a similar treatment at this center, had told the Tamil superstar about it. Rajanikant is expected to be back in Chennai for Diwali.

【ラジニカーント、ケーララでアーユルベーダを体験】

 ラジニカーントは、テルグ俳優のモーハンバーブや友人と一緒に、ケーララ州のPeringadにあるアーユルベーダセンターで、若返りのためにアーユルベーダ療法を体験した。このセンターで、同じようにアーユルベーダを体験したモーハンラール(註:マラヤーラム映画界のスーパースター)がタミルのスーパースター・ラジニカーントにアーユルベーダのことを話したのだ。
 ラジニカーントは、ディワーリには、チェンナイに戻るだろう。

すーぱるすたー同志で若さの秘訣の情報交換。白髪頭で大衆の前に姿を現すラジニも、若さを取り戻したい、という願望はあるということでしょうか?

私もそこでアーユルベーダを体験してみた~い♪(2001.11.19)

2001.Nov. Two's company by Rajitha  rediff.com

In Madras, two names generate the most amount of speculation -- Rajnikanth and Shankar.

This time round however, the buzz clubs the two together.

Shankar's Nayak, the Hindi version of his own Tamil superhit Mudhalvan, didn't do as well as anticipated.

The ace director was supposed to begin work on Robot, a futuristic sci-fi project that was slated to have Kamal Haasan in the lead. But that project was stalled as Kamal is busy with the upcoming Pammal K Sambandham, where he plays the title role of a businessman who doubles up as a stunt double.

Rajnikanth, much to his fans' dismay has been playing coy for the past couple of years now. The disgruntled followers even began dismantling their fan clubs or merging them with those of other, more noticeable, stars like Vijaykanth.
The superstar had said that he was taking a sabbatical after Padayappa, his last release, and that he would announce
his next after a year.

Then came an announcement that he didn't feel like making films while friend, Kannada superstar Dr Rajakumar, was in custody of sandalwood smuggler Veerappan, and that he would make his announcement only after the latter was released. Dr Rajakumar duly was, but no announcement from Rajnikanth was forthcoming -- though market sources maintained that he had blocked dates of Aishwarya Rai, who is slated to be his next heroine.

rediff
More recently, there was talk -- fueled, perhaps, by the fact that Rajnikanth was in the US around the same time as Aamir Khan -- that the swarthy star, much pressed by Lagaan, was planning to adapt and remake it in Tamil. But Rajnikanth himself scotched that particular rumour, when he announced that while it was true
he found Lagaan impressive, he was not even remotely interested in doing a Tamil version.

Now, finally, the industry is agog with news that Shankar will direct Rajnikanth, in his next project.
Incidentally, Rajnikanth was slated to play the lead in Mudhalvan.
But the film contained incendiary dialogues and Rajnikanth felt that given his closeness to Dravida Munnetra Kazhagham supremo and then chief minister Muthuvel Karunanidhi, too much would be read into his mouthing those lines. And thus, he turned the role down on principle.

The sticking point for now seems to be in the choice of producer -- Shankar would like to work with A M Rathnam, the no-holds barred, no-expense spared moghul who most recently teamed with Shankar on Nayak. Rajnikanth, for his part, has been toying with the idea of getting a lot
of his friends from way back to pool in money to make a film, so they can make a killing and he, in turn, can do something for his friends.

The issue is slated to be resolved soon -- after which, preliminary work will begin on a project that brings the superstar and the superstar-director of Tamil cinema together. And at this point in time, word is still that Ash Rai will play the female lead.

いかがでしたでしょうか?
この時期は、シャンカルとの次回作の噂もありつつも、ラジニがこのまま引退してしまうのでは?という不安のタミルの人々に、ラジニがまだ映画に出る意思があることを発言して、少しホッとした、という感じでしょうか。
それでは、わなっかん!

ブログ村に参加しています★

↓ブログ村に参加しています。よろしければ、1クリックお願いします。励みになります♪
にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

-Celebrity / インド映画界の人々の話
-,