渋いRajnikanth

Rajnikanth
Thalaivar wrote his autograph. (Jan. '01)
ラジニカーント2年ぶりの新作【Juggubhai】制作発表記念。サインを書いてるラジニ。

5月3日に、現地の新聞等で大々的に、新作を撮る旨の広告が掲載されたそうです。
今のところ、広告が打たれただけで、詳細はラジニの口から発表されておりません。
ので、現地メディアはいろいろな憶測記事で溢れてるようですが、新作を制作するのは事実らしいです。

ガセネタを含む、ニュース拾い読みは、Indian Films Gossip & News(ブログ)をご覧いただくとして、K.S.ラヴィクマール監督のコメントによると、ラジニは今までより実年齢に近い役を演じる、とか。

私がナマでお会いしたことのあるときのラジニは、いつもシブイのですが、ということは、こんな感じのシブーいラジニも今回は映画で観られるかもしれないかな?

海外の掲示板やメーリングリストでも、以前からラジニには実年齢の役を演じて欲しい、というのとやっぱり若い役を演じて欲しい、という意見をよく見かけます。
私は、実年齢の役も観てみたいですねえ。

そんなわけで、実年齢の劇シブなたれいばる(=タミル語で、リーダー=ラジニ)と映画でお会いできることを祈って、今日は渋いラジニ写真で。
渋めなお顔をしてサインを書いてはいるんですが、何枚か書いてもらったんですけど、ラジニってば、全部サインの形がどこか違うの。
たぶん「今度はどんな字を書こうかなー」とか考えてたりしてたのかも???
書き終わったら、ホッとした満面の笑みでサインしたものをくださったのが印象に残っています。

いい作品を撮ってくださいね、たれいばる!期待してまっせ。