Indian Movies / インド映画の話

ラグヴァランの出てるロビーカード | シドニー

2016/01/17

Bheema ロビーカード

Raghuvaran in [Bheema].
シドニーでゲットした、ヴィクラム主演【Bheema】のロビーカード。ラグ様が出てるヴァージョン。

わなっかん。

ラグヴァランの訃報から、早くも2ヶ月以上が過ぎました。
今でも、信じられない気持ちですが...。

今日は、ちょっと、しみじみモードで。

●●●

今日ご紹介する写真は、5月のシドニーでDVD買ったときに、おまけでもらったロビーカードです。
(映画館のロビーなどで飾られているカードです。)
ラグヴァランが出演しているものを結構たくさん買ったものだから、お店の人が気をきかせてくれて、「これラグヴァランが出てるから...」と出してくれました。

まだ【Bheema】はDVD発売になってないし、未見なのですが、今年のポンガルに公開されたヒット作です。(主演:ヴィクラムとトリシヤー)
ラグが存命中に公開された映画では、最後のヒット作になるのかな。

ヴィクラムとラグヴァランは、同じマネージャーさんが担当してたんだけど、案外共演作って、なかったかも。

このロビーカード、一番大きく扱われてるのは実は、真ん中で流し目で睨みをきかせているプラカーシュラージだったりするんだけど、ラグのよきライバルさんでしたね。
(「タミルの2大悪役」ですから!)

ラグの家を訪問したある日、プラカーシュラージがプロデュースと主演をした【Dhaya】が撮影中で、プラカーシュラージに乞われてラグヴァランは出演していました。(但し、プラカーシュラージと敵対する悪役。)

ラグが撮影から戻ってくると、しばらくすると家に花束が届いて。

「きみのおかげで今日も順調に撮影ができたよ。ありがとう」

という内容の、プラカーシュラージのメッセージカードがついていて、ラグはフフっとうれしそうにしていたのが、とても印象に残っています。

映画の仕事を離れてのプライベートなお付き合いまではしてるのか分からないけど、お互い敬意を持って仕事をしてるんだなあ、と思いました。

●●●

タミル人の方々に会ったりすると、ほとんどの人が私に、「彼がいなくなったのは、タミル映画界の大きな損失だ」というようなことを言ってきます。
シドニーでもそんな話がありました。

http://munmun.moo.jp/travel/little-india/ayngaran-australia-20080506

アインガランのおばちゃんは、長いことラグの出演作DVDタイトルを棚の隅から隅まで探してくれました。
(ラグは、ほんのチョイ役の出演もたくさんあるから、探すの大変です。)

そして、最後にこのロビーカードも取り出してきてくれたのだから、本当に感謝です。
(ラジニやヴィジャイといった主役のポスターなら数があるだろうけど、ラグが出てるポスターの類はぐっと減っちゃうから、特に。)

お店で物を買うというのは、お店の人と交流することでもあり、やっぱり通信販売じゃ味わえない醍醐味ですね。

http://munmun.moo.jp/india/movie/bheemaa-2008

ブログ村に参加しています★

↓ブログ村に参加しています。よろしければ、1クリックお願いします。励みになります♪
にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

-Indian Movies / インド映画の話
-, , , , ,