ラジニニューススクラップ 2002 September

NO IMAGE

わなっかん!
ラジニカーントのニュース、web拾い読みの2002年9月版です。
先月公開された【BABA】の評判は…?

9/20, 9:40 AM ‘Baba’ back in Chennai (Yahoo!India—hansazone)
9/1_15Review (Cinema Express)
■「BABA」レビュー byタミル映画雑誌【シネマ・エクスプレス】(タミル語)
 雑誌や新聞等にたくさん『Baba』の広告が載り、ファン達は映画にもの凄く期待していた。 ラジニが政界に入るか、入らないかの答えはこの映画の中にある、と。

 ラジニがラミヤー・クリシュナンに「今何時?」と尋ねるシーンで、CGが上手く使われている。

 映画の前半は、ラジニ映画としてファンの期待するようなラジニ・スタイル、歩き方、衣装が 見られ、ラジニらしい映画になっている。
 ただ、メーキャップやクローズアップ、カメラワークには、もっと注意を払うべきだった。
 ラジニとマニーシャー・コイララーのダンスシーンは、楽しく観られるようにできている。
 アクションシーンもスピードがある。サンガヴィ(シャンカヴィ)には、見せ場はなかった。
 ガウンダマニとラジニのやりとりのシーンは、笑えるようによくできている。ラジニの母親役の スジャーターの演技は素晴らしい。

 ラフマーンの「Maya Maya」は、心に残る歌だった。美術も照明も素晴らしい。
 インターミッションまでは、ラジニ映画らしくできている。

 映画の後半では、政治や宗教の話が入ってきて、魔術がミックスして話の筋が変わってしまう。
 クライマックスで、ラジニが政界に進出すると期待していた人たちにとっては、 (この映画の中で、ラジニが政界に進出するかという明確な答えは見つけられないが、) エンドロールが (「Vanakkam(=The End~終わり)」ではなく)「Thodharam(=To be continued~つづく)」 という表示だったのは慰めになるだろう。

 ラジニが政界に進出するにしろ、しないにしろ、ラジニは映画にきっとまた出ることだろう。 (訳御協力:深尾先生)
9/4 Dhal for Bollywood (The Straits Times—Singapore)
9/3? ‘BABA’ ticket rates comes down (indiainfo.com)
■「BABA」の入場料、ダウンへ
  大きな期待を受ける中で、ラジニの【BABA】は最初の数週が経過した。
 ラジニファンが封切りから1ヶ月以上の間、どの回の上映でも群がりつづけたもの だった従来と違い、この映画では映画館に群がるラジニファンが減ってきている。
 ファンはその理由を指摘する:

ラジニの熱狂的ファンたちの発言
Latif:
 「Rajniの映画は私たちにとって特別。 なんであれ、私たちはラジニ映画を観るし、【BABA】だって同じ。
 でも、私たちはごくごく一般のひとたちもこの映画を見られるように道を譲る気持ち もある。
 だから、私たち熱狂的ラジニファンで劇場に群がることは止めたよ。(どうだい?)」

ジャイクマール:
 「この映画中のいくつかの場面は退屈です。」
 彼は、【BABA】を5回観た。しかし、【パダヤッパ】は11回観ているのだ。

ラメーシュ:
 「私は【BABA】を2回見ました。
 もう一度見てもいいけど、歌は印象的ではありません。 デーヴァーが音楽監督だったならば、映画はスーパーヒットだったかもしれないのに。
 グラフィックスは最高だよ。」

 ファンが異論を唱える一方、一般大衆は、この映画に特筆すべきものは何もない、 という見方だ。
 これにより、何人かの劇場オーナーは、従来より大幅に高いこの映画の入場料はこの 日曜日から普通の値段にまで戻るだろうと述べている。
 これが新作であるために、劇場オーナーはより高い入場料を取ることを許された。
 これにより、劇場窓口で、入場券Rs 100~250で売られ、ブラックマーケットでは Rs1500にまで高騰した。
 (1ルピー=約3円。普通のタミル映画はチェンナイではRs10~35くらい)  映画封切りから数週が経過し、現在あまり混んでいないため、チェンナイでのティル バンミュール地区のTyagaraja劇場のオーナーは、日曜日から普通の入場料に戻すと 発表した。
 他の劇場もそれに従っていくようだ。
 また、この入場料の値下げは、女性来場者が伸びないことも理由のひとつだと噂され ている。
9/3? Commercial Baba!(Telgu版 Review) (indiainfo.com)

この月は、ラジニカーントの【BABA】の観客動員数が早くも落ちてきたことで、大騒ぎになりました。
それでは、わなっかん!Rajni ページ Top >> Rajniニュース Top

Celebrity / インド映画界の人々の話カテゴリの最新記事