Tamil

1/9ページ

Iraivi (女神たちよ)

「子どもは3人。夫とはずっとラブラブでいるの。おばあちゃんに叱られるし結婚前に恋愛はいいわ。おばあちゃんの選んだ人と結婚するの。カマルハーサンとタラ(アジットクマール)とタラパティ(ヴィジャイ)を足したような人と結ばれるんだから!」 と冒頭で女子学生が未来のダンナ様の恋バナをしている。 カマルとアジットとヴィジャイ? (ラジニは入ってないんだな。) アジットとヴィジャイは分かるとして、なぜ理想のダ […]

Nadigaiyar Thilagam(伝説の女優 サーヴィトリ)

映画公式Facebookより写真引用 IMO(インディアン・ムービー・オンライン)で見ました。 MGR映画のヒロインも務めたこともあるから、かろうじてお名前+αを存じていた、1950~1960年代頃の女優・サーヴィトリ。彼女の伝記的(フィクションもあり)映画だそうです。テルグ語版がオリジナル、タミル版は吹替え版で、日本の映画祭(IMW)に来たのはタミル版の方。 MGRのカウボーイ映画(?)1964 […]

Sarvam Thaala Mayam (世界はリズムで満ちている)

初見の感想(2018.10.28 東京国際映画祭) 観る前はどっちかというと、制作陣に強力なネームバリューがないか何かで映画の呼び水に、主人公の設定をヴィジャイファンとしているのかな、と斜に構えてた。 インド映画って、過去の話題作の引用がちょこちょこ登場して、それににんまりして楽しんだり、 登場人物の設定が誰かの熱狂的ファンだったりして、ちょっとしたエピソードに「ファンあるある」を見つけてほほえま […]

Bigilについて、語りたい。(2)女子サッカー選手のみなさん

【ビギル 勝利のホイッスル】を観ました?これから観ます? 今日からIMW(インディアンムービーウィーク)という映画祭で上映されますよ。見ましょう!見て! (今日の上映は満席だそうで、素晴らしいことです!) ●●● ビギルについて語りたい、2回目。 ポスターに、ヴィジャイの他にヒロイン以外の女性が何人も登場する映画って、珍しいですね。 いえいえ、これは何人も、どころじゃないでしょう。ヴィジャイの右に […]

Bigilについて、語りたい。(1)ナヤンターラー

一昨年、昨年につづいて、映画祭だけど日本で、ヴィジャイの映画が上映されるんですよ。嬉しいですね。 今年は、【Bigil】ですって。邦題は、「ビギル 勝利のホイッスル」とのこと。 🎞 映画大国インドから 🇮🇳 日本初公開10作品を上映する#インディアンムービーウィーク 2020 キネカ大森 9/11 (金)~10/8(木) 新宿ピカデリーほか全国 9/ […]

【Nerkonda Paarvai】ネールコンダ・パールヴァイ(2019, Tamil)

アジットクマールが、シヴァー監督と【Vedhalam】【Vivegam】【Viswasam】と3作続けてコッテコテのマサラムービーを送り出したその次に撮った映画は、アミターブ・バッチャンが演じた【PINK】のタミルリメイク。 ヒンディー映画の、しかも重いテーマでマサラじゃない映画のリメイクかあ、と腰が引けかけてたところ思い切って見てみたら、すごく面白かったんです。 で観終わった後にGoogle検索 […]

ナトゥ (1999 日印合作)

ちらしの中央に太字ゴシック縦書きで「マサラ・ムービー日米対決」の一文。 インド映画なのに、「日米」対決とな。 公開して20年経った今、改めて読み返しても、とても不思議な、後にも先にもない、インド映画ちらしのコピーじゃないです? (共同配給者に「電通」の社名が! 電通のコピーなの? 電通のコピーなの???) カップリング上映だった【ジーンズ世界は2人のために】がアメリカ(ハリウッド)とインドの合作な […]

【ナトゥ】&【ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説】|唯一の「日印合作マサラムービー」企画

ミレニアム前後の日本のインド映画ブームの際、ナンチャンがインド映画に挑戦した、「ナトゥ」関連をまとめてみようと思い立ったので、公開から20年経って、そもそも何がメディアとして発売されたのか確認してみました。今、amazonで分かるだけでこれだけあります。 なんだ、このアフィリエイト感全開の出だしは!?(笑) すごく、ないですか? 10点近くありますよ! 私も半分位は持ってますが、半分位は持ってない […]

Alaudin (アラーウディン/アラジン)プラブデーヴァー ラグヴァラン

インドのマイケル・ジャクソン、インドのダンスの神様こと、プラブデーヴァーの2003年主演作。スラム街の住民全員の子供として育てられた孤児・アラーウディンの奮闘記。ヒンドゥー、ムスリム、クリスチャン、あらゆる信者たちが団結して育てたアラーウディンはどの宗教にもリスペクトを持ちつつ、スラムの貧困から皆を救いたいと願う青年に。 この人物設定、冒頭に人々が鑑賞していた映画【アラジンと魔法のランプ】(All […]

Kaithi

Spaceboxさんで、11月9日(土)に自主上映あり。行ける方は、ぜひ!先日シンガポールで観てきたけど、アツい男気アクション映画で最高でした! タミル映画 Kaithi(囚人)日時:11月9日(土)16時場所:イオンシネマ市川妙典料金:2500円/子ども1000円 監督:Lokesh Kanagaraj(Vijay 64作目)出演:カールティ音楽:サム C.S.(ヴィクラムとヴェーダ) Spac […]

’96 |ヴィジャイ・セードゥパティ トリシヤー

ヴィジャイと共に、この1年ほどで急激に日本のインド映画ファンの間で赤丸急上昇中の、ヴィジャイ・セードゥパティの2018年主演作。 DVDジャケットを見ると、 なんだか さわやかなルックスです。あら、彼にしては珍しい… でも、映画で冒頭に登場してきたのは、、、 あ、いつもの(?)熊男だ。 何かハートブレイクをかかえた熊男が、鹿と食パン越しにチューしたりしながら(!?)旅して写真を撮っている。 と思っ […]

1 9