Malayalam

インド/マラヤラム語映画として日本で初ロードショーとなった【チャーリー】を観てきました。

魔法を信じます? 中学生の頃、夢中だった杉真理が【シンフォニー#10】を発表したときの雑誌インタビューで、 「ポップスの魔法を信じるかい?」ってキャプションがついてたなあ。 魔法って言葉、面と向かって語られたらこっぱずかしいし、時には「新興宗教?」って疑ってヒイちゃうこともある。 あまのじゃくで魔法なんて言われても「ケっ」と思いがちな、ちっともかわいげのない中学生だった私だけども、杉さんのお言葉に […]

Meena (ミーナ) | インド映画 女優

மீனா / Meena (ミーナ) :女優。 ※発音は、ミーナーと長音で呼ぶほうが正しい。 主な作品:【ムトゥ 踊るマハラジャ】(1995), 【ヤジャマン 踊るマハラジャ2】(1993), 【ヴィーラ 踊るONE MORE NIGHT!】(1994)、【ポルカーラム】(1997) ★【ムトゥ 踊るマハラジャ】で女神さまのようないでたちで日本に初登 […]

【インド映画における女性性の表象】シンポジウム備忘録

3月21日の日記のとおり、行ってまいりました、神戸・ポートアイランドでのシンポジウム。 インド映画における女性性の表象 (ポートアイランド行ったの、大学時代以来だなあ。 それに、ついゴダイゴの「ポートぉピアぁー♪」CMソングが頭をぐるぐる回る。古い。) 正直なところ、御三方(赤井教授、ローヒニ、ニティヤ・メーネン)の話す話題や情報量が多すぎて、この話題の結論は何だっけ?このコメントは誰によるものだ […]

IFFJ 2013感想【ハウスフル2】【セルロイド】

今年で第2回目を迎えたインド・フィルム・フェスティバル・ジャパン(IFFJ)に行ってきました。今年も昨年と同様、2本観ました。 (昨年は【デリーに行こう】&【ノウカドゥビ】) どっちも私が普段観ているタミル映画じゃないので、分からない俳優さんだらけでしたが、楽しめました。 上映に関わったすべてのみなさま、感謝いたします☆ 10月13日(日)さいたまSKIP CITY 【ハウスフル2】Housefu […]

【秘剣ウルミ】(Urumi, 2011, Malayalam)を観てきました!

昨日、スクリーンでインド映画を、観てきました! 5月の出産後初めてです〜! アジアフィルムフェスティバル 【秘剣ウルミ バスコ・ダ・ガマに挑んだ男】(Urumi) そのため超絶真剣にスクリーンを凝視して、堪能しました。 いい映画だったあー! カットが多いらしいけど。 プラブデーヴァーが一番の目当てでしたが、想像以上にカッコよくて、俳優としてもすごくノッてるなあという感じ。 近年、監督業の方が話題に […]

アラヴィンダン監督映画、すごい。

24日、川崎市市民ミュージアムに行ってきましたよ! ロビーには、岡本太郎の「座ることを拒否する椅子」がたくさんあって、うれしかったですよ(笑) 東京からはちょっと遠かったけど、観に行った甲斐がありました。 G.アラヴィンダン監督作品は、昨年の4月に福岡で【サーカス】という作品で初体験してたけれど、実はそのときは東京から着いたその日に2作品連続で観た2作品目で、旅疲れとランチの食べ過ぎで睡魔に襲われ […]

Kanne Madanguka (わが眼よ、悪に染むるなかれ)

Title : Kanne Madanguka (わが眼よ、悪に染むるなかれ) (2005年 Malayalam 110分)  Director : Albert (アルバート) Starring : Navya Nair, Barath Murali(ムラリ), Shobha Mohan, Baby Neeraja マラヤーラム映画界のリアリズムに満ちたアート映画。 次回作がモーハンラール主演で […]

モーハンラール様、来日?

その昔、日比谷のとあるインド料理屋さんは、店長もウェイターもほとんどがケーララ出身の方でした。 日本でラジニカーントが【ムトゥ】で大ブームだったのはたいていの在日インド人はご存知なので、 このお店でも、店員さんと雑談したりすると、「インド映画観るの?ラジニカーント知ってる?」と聞かれたものです。 そんなとき、「うん、大ファンだよ。でも、モーハンラールさんもかっこいいよね」と 相槌を打つと、血相を変 […]

東京国際映画祭で2本映画を観る My Moon / Pattiyude Divasam ~ A Dog’s Day

今年は、1本もインド映画の上映がないそうです。 ヒンディー語の「LAGAAN」が最後まで候補にあがっていたらしいけど、4時間近くの映画だったから、招待作品の多い映画祭において、上映館がどうしても決まらなかったとか… う~ん、かえすがえすも残念。 ですが、スリランカ映画と、マサラムービーではないものの、マラヤラム語映画が1本ずつ上映されていたので、当日券買って観てきました。 ■マイ・ムー […]